独自SSLが無料!エックスサーバーでWordPressサイトをhttps化する方法

エックスサーバーでWordPressサイトをhttps化する方法

エックスサーバーと契約している人なら、独自SSL無料かつ無制限で利用することができます。

SSLとは「Secure Socket Layer」の略で、簡単に言うとインターネット上で情報を暗号化して送ったり受信したりできる仕組みのことです。

このSSLを導入してサイトを「https化」することで、サイトのセキュリティを強固にできるほか、Googleの検索上位表示にも優位に働くと言われています。

今回は、エックスサーバーでSSLを導入してサイトをhttps化する方法を解説しますので、気になった方は一緒に作業を進めてみてください。
 
 

スポンサーリンク

導入前の注意

今回解説するのは、SSLを導入してhttpsから始まるURLでサイトを表示させる、というところまでです。

完全なhttpsのサイトにするには、もとの「http」から始まるURLのページに来てくれるユーザーを、新しい「https」から始まるURLのページへ自動的に来てもらうように設定したり、
GoogleアナリティクスやSearch Consoleなどの設定も変更する必要がありますので注意が必要です。

SSLを導入後にサイトを完全にhttps化させる方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:サイトを完全にhttps化するために行った全手法
 
 

SSLを導入してサイトをhttps化する方法

それでは、SSLの導入に移っていきます。

まず、エックスサーバーのインフォパネルにログインします。

エックスサーバーのインフォパネルにログイン
 
 
次に、サーバーパネルにログインします。

サーバーパネルにログイン
 
 
[ドメイン]の項目の中にある『SSL設定』をクリックします。

『SSL設定』をクリック
 
 
https化したいドメインの『選択する』をクリックします。

『選択する』をクリック
 
 
画面が切り替わりますので、『独自SSL設定の追加』のタブをクリックしましょう。

『独自SSL設定の追加』のタブをクリック
 
 
サイトのところに「wwwあり」でURLが表示されていますが、このままで大丈夫です。
独自SSL設定を追加する(確定)』ボタンをクリックしましょう。

『独自SSL設定を追加する(確定)』ボタンをクリック
 
 
設定はこれで完了です。
「https」から始まるURLで、あなたのサイトにアクセスしてみましょう。

すると、設定してすぐの時は以下のようにサイトが表示されません。

サイトが表示されない
 
 
サイトが表示されるまで、通常30分~1時間ほどかかりますので、時間が経ったら再度確認してみましょう。

サイトが表示されました。

サイトトップページ
 
 
URLを確認してみると、「https」がグレーで表示されています。

「https」がグレーで表示されている
 
 
この状態では、まだ完全なhttpsのサイトとは言えず、上記で説明したような設定が必要となってきます。
 
 

まとめ

今回は、エックスサーバーでSSLを導入してサイトをhttps化する方法を解説しました。

以前までだったら、数千円の年間利用料がかかっていたエックスサーバーのSSLも、現在では無料で利用できるようになりました。

ここまでありがたい話は無いので、導入を検討している方はぜひ挑戦してみてください。
 
 

WordPressサイトへのSSL導入とhttps化の手順

 
  現在の作業 > WordPressサイトにSSLを導入しhttps化する方法
   次の作業 > サイトを完全にhttps化する方法
        > GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定変更
        > https化でリセットされたSNSカウント数を復活させる方法
 

スポンサーリンク








エックスサーバーでWordPressサイトをhttps化する方法