WordPress ビジュアルエディタとテキストエディタの違いと使い方

WordPressでは、記事の編集の際に「ビジュアルエディタ」「テキストエディタ」という2つの編集モードを使い分けることができます。

今回は、ビジュアルエディタとテキストエディタの違いと使い方を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

エディタの切り替え方法

まず、記事の作成画面を開きましょう。
記事の作成方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:WordPress 記事の作成方法
 
 
記事の作成画面を開くと、本文の右上に「ビジュアル」と「テキスト」と書かれた2つのタブがあることが分かります。

「ビジュアル」と「テキスト」と書かれた2つのタブ
 
 
こちらのタブをクリックしてエディタを切り替えます。
ちなみに、上図の場合はビジュアルエディタモードになっています。
 
 

ビジュアルエディタの使い方

ビジュアルエディタでは、文字のサイズや色、挿入した画像などが実際にWEB上でどのように表示されるか確認しながら作業することができます。

例えば、以下のようなテキストを入力してみます。

大切なのは記事の質。コンテンツ・イズ・キング!
 
 
「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を太字にしてみます。
「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を選択し、ツールバーの『太字』をクリックします。

「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を選択し、ツールバーの『太字』をクリック
 
 
選択したテキストが太字に変わりました。
WEB上でも、編集した部分がビジュアルエディタと同じように表示されているのが確認できます。

大切なのは記事の質。コンテンツ・イズ・キング!
 
 
このように、ビジュアルエディタを使えば感覚的に記事を作成することができるので、HTMLにあまり詳しくない方にもオススメの編集モードです。
 
 

スポンサーリンク

テキストエディタの使い方

テキストエディタでは、書式の設定を行うと、対応するHTMLタグが表示されます。

例として、ビジュアルエディタの時と同じ内容のテキストを入力してみます。

大切なのは記事の質。コンテンツ・イズ・キング!
 
 
「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を太字に設定します。
上記同様、「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を選択し、ツールバーの『b(太字)』をクリックします。

「コンテンツ・イズ・キング!」の部分を選択し、ツールバーの『b(太字)』をクリック
 
 
「コンテンツ・イズ・キング!」に対して<strong></strong>タグが設定されました。

大切なのは記事の質。コンテンツ・イズ・キング!
 
 
ビジュアルエディタと違い、テキストエディタでは編集した内容がどのようにWEB上で表示されるか確認することはできません。
編集モードをビジュアルエディタに切り替えてみましょう。

編集モードをビジュアルエディタに切り替え
 
 
すると、先ほど太字に設定したテキストがビジュアルエディタ上で太字で表示されているのが確認できます。

大切なのは記事の質。コンテンツ・イズ・キング!
 
 

まとめ

今回は、「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」、2つの記事編集モードの違いと使い方について解説しました。

これらの機能は、WordPressでブログサイトを運営していくうえで必要不可欠な機能ですので、きちんと使い方を覚えて記事作成時に上手く使い分けできるようにしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク