ソーシャルボタンをまとめて設置!WP Social Bookmarking Lightの設定方法

WEB集客で成功を収めるためにも重要となってくるのが、ソーシャルメディアとの連携です。

現在、多数のサービスが存在していますが、中でもFacebookやTwitterといった巨大SNSの拡散力は凄まじいものがあり、一度シェアされればあっという間に情報は広まります。

サイトのアクセスアップを図るためにも、ソーシャルメディアとの連携はぜひやっておきたいものです。

そんな時に役立つのが、WordPressプラグイン「WP Social Bookmarking Light」です。

WP Social Bookmarking Lightを利用することで、簡単にソーシャルメディアの共有ボタンをサイト内に設置することができ、各ソーシャルサービスとの連携管理もまとめて行うことができます。

ソーシャルメディアの共有ボタンを設置することで、サイト訪問者は気に入った記事を1クリックでFacebookやTwitter上に共有することができ、これにより記事の拡散性もグッと高まります。

また、定期的にバージョンアップも行われているので、新たなソーシャルサービスにもきちんと対応するのも魅力の一つです。
 
 

スポンサーリンク

WP Social Bookmarking Lightのインストール

まだWP Social Bookmarking Lightをインストールしていない方は、ここでインストールしておきましょう。

まず、WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「WP Social Bookmarking Light」と検索します。

するとWP Social Bookmarking Lightのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

WP Social Bookmarking Lightの設定

プラグインをインストールすると、管理画面の左メニューの『設定』の中に、
WP Social Bookmarking Light』という項目が加わっているので、これをクリックします。

『WP Social Bookmarking Light』をクリック
 
 

一般設定

ここでは以下4つの設定をすることができます。

・共有ボタンを表示する位置の設定
・個別記事以外にも共有ボタンを表示するかどうか
・固定ページにもボタンを表示するかどうか
・どのソーシャルサービスのボタンを表示させるか
 
 
以下のように設定しておきましょう。

一般設定画面
 
 
それぞれの設定項目について説明します。
 
 

位置の設定

[位置]のメニューでは、共有ボタンを表示する位置を以下の4つから選ぶことができます。

・Top = 記事の上に表示
・Bottom= 記事の下に表示
・Both = 記事の上と下両方に表示
・None = ボタンを表示させない

特に理由がない場合は、記事を開いたときと読み終えたときにボタンを押してもらえるように、
Both』を選択しておきましょう。
 
 

個別記事の設定

[個別記事のみ]のメニューでは、共有ボタンを記事ページのみに表示するか、トップページやカテゴリーページでも表示するかを選択できます。

『No』を選択すると、トップページやカテゴリーページでも共有ボタンが表示されるようになり、『Yes』を選択すると記事ページ以外では表示されなくなります。
 
 

ページの設定

[ページ]では、固定ページにも共有ボタンを表示するかどうか選択します。

例えば、固定ページを使ってあなたのプロフィールページを作成している場合は、共有ボタンを設置してシェアできるようにしても良いと思いますが、お問い合わせフォームなど、特にシェアされる必要のないページしか作成していない場合は、『No』を選択して非表示にしておくのをオススメします。
 
 

表示するボタンの設定

[サービス]では、どのソーシャルサービスの共有ボタンを表示するのか設定します。
当ブログでは、以下の5つのボタンを設置するようにしています。

・Facebook
・Twitter
・Google+
・はてなブックマーク
・Pocket

表示するボタンの設定は非常に簡単です。
右のボタン一覧から表示させたいボタンを選択し、左のボックスにドラッグ&ドロップするだけです。

ドラッグ&ドロップ
 
 
右の『×』をクリックすれば、ボタンを削除することができます。
共有ボタンの表示順を変えたい場合は、左ボックスの中でボタンをドラッグ&ドロップして上下に入れ替えましょう。

ドラッグ&ドロップして上下に入れ替え
 
 
設定が終わったら『変更を保存』ボタンをクリックします。

『変更を保存』ボタンをクリック
 
 

個別のボタンの設定

ここでは、上記で表示設定した共有ボタンの設定が個別に行えます。
デフォルトのままだと共有ボタンが英語で表示されていたりと、少し違和感を覚える見た目になっているので、きちんと設定しておきましょう。
 
 

Facebook「いいね!」ボタンの設定

Facebookの「いいね!」ボタンの設定を行います。
まず、『FB』のタブをクリックし、設定ページを開きましょう。

『FB』のタブをクリック
 
 
[Locale]の項目を「ja_JP」に変更すると、デフォルトでは「like」と表示されていたFacebookボタンが「いいね!」に変更されます。

Facebook設定画面
 
 
入力したら『変更を保存』をクリック。
次に、『FB Like』のタブを開き、以下のように設定します。

FB Like設定画面

このように設定することで、カウント式の「いいね!」ボタンとシェアボタンが表示されるようになります。
 
 

Twitterボタンの設定

Twitter』のタブをクリックし、設定ページを開きます。
以下のように設定しておきましょう。

『Twitter』のタブをクリック
 
 
[Language]を『Japanese – 日本語』に変えることで、ボタンが日本語表記になります。

また、[Via]の欄にあなたのTwitterアカウントを入力しておけば、コンテンツがツイートされた時に、あなたのアカウント情報もツイート文に含まれるようになるため、Twitterのフォロワー増加率も多少上げることができます。
 
 
ちなみにTwitterボタンのツイート数ですが、Twitter社がAPIの公開を取り下げてツイート数を取得できなくしてしまったため、現在ではツイート数を表示させることは不可能となりました。
 
 

はてなブックマークボタンの設定

Hatena』のタブをクリックし、設定ページを開きます。
[Layout]の項目を『standard』にしておきましょう。

はてなブックマークボタン設定画面

これで、カウント式の「はてブ」ボタンが表示されます。
 
 

Google+1ボタンの設定

Google Plus One』のタブをクリックし、設定ページを開きます。
以下のように設定しましょう。

『Google Plus One』のタブをクリック

このように設定することで、カウント式の「Google+1」ボタンが表示されるようになります。
 
 

Pocketボタンの設定

Pocket』のタブをクリックし、設定ページを開きます。
以下のように[Button type]の項目で『horizontal』を選択しておきましょう。

Pocketボタン設定画面
 
 
以上で設定は全て完了です。
お疲れ様でした。

最後に実際にサイトを見て、きちんと設置できているかどうか確認しておきましょう。

サイトを確認
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「WP Social Bookmarking Light」の設定方法について解説しました。

それぞれのソーシャルサービスの共有ボタンを1つ1つ設置していくとなるとかなりの手間がかかってしまいますが、このプラグインを使うことで、簡単にそして綺麗にさまざまな共有ボタンをまとめて設置することができるようになります。

これで、あなたの記事がソーシャルメディアで共有される準備は十分整いましたので、あとは記事を読んだユーザーがあなたのファンになってくれるように、質の良いコンテンツ作りを心がけてどんどん記事をアップしていきましょう。
 
 

スポンサーリンク