WordPressの不具合を解決!プラグイン「WP multibyte Patch」の有効化

プラグイン「WP multibyte Patch」の有効化

WordPressをインストールすると、デフォルトで「WP Multibyte Patch」というプラグインがインストールされています。

これは、日本語でWordPressを使用する際に起こるほとんどの不具合を解決してくれるプラグインで、有効化すれば特に細かい設定も必要ありません。

もし間違えて消してしまった、という方がいたら、この記事を参考にぜひ再インストールしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク

WP multibyte Patchが解決してくれる不具合

WordPressはもともと、シングルバイト(1文字を1バイトで表現する)のアルファベット向けに作られているので、マルチバイト(1文字を2バイト以上で表現する)の日本語で使用すると、まれに不具合が発生することがあります。

例として、以下のような不具合が挙げられます。

  • 文字数カウントの不具合
  • 検索時のスペース誤認識
  • トラックバック/ピンバックの文字化け
  • ピンバックの不具合
  • メールの文字化け
  • ファイル名の日本語部分の変換不具合

 
 
ここでは、それぞれの不具合について解説していきます。
 
 

文字数カウントの不具合

WordPressで記事を作成すると、本文左下に記入した文字数が表示されます。

本文左下に記入した文字数が表示される
 
 
WP multibyte Patchを有効化していないままだと、この文字数が正しく計算されないという不具合が発生します。
 
 

検索時のスペース誤認識

WordPress内で検索を行う際に、全角スペースがスペースとして認識されないという不具合が発生します。
 
 

トラックバックの文字化け

WordPressは標準文字コードに「UTF-8」を使用しているため、UTF-8以外の文字コードを使っているブログなどからトラックバックを受けると文字化けが発生してしまいます。
 
 

ピンバックの不具合

UTF-8以外の文字コードを使っている他のブログからピンバックを受けると、本文の抜粋が空になるという不具合が発生します。
 
 

メールの文字化け

トラックバックやピンバック同様、WordPressではメールでもUTF-8を使用するので、JISを使用するメールで文字化けが発生してしまいます。
 
 

ファイル名の日本語部分の変換不具合

名前に日本語が含まれているファイルをアップロードすると、日本語部分が変換されずにアップロードされてしまいます。
 
 
以上が、WP multibyte Patchを有効化していないと起きてしまう主な不具合ですが、プラグインを有効化するだけで、これらの不具合全てを解決してくれます。
 
 

スポンサーリンク

WP multibyte Patchのインストール方法

はじめにも述べましたが、WP multibyte Patchは日本語版WordPressにデフォルトでインストールされています。

もし、間違って消してしまったりした方は、以下の手順でインストールして有効化してみてください。
 
 
まず、WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「WP multibyte Patch」と検索します。

するとWP multibyte Patchのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「WP multibyte Patch」を有効化して、日本語でWordPressを使用する際に起こるさまざまな不具合を解決する方法を解説しました。

解説した通り、特に細かい設定も必要無く有効化するだけでサイト管理をサポートしてくれるプラグインなので、WordPressをインストールしたら忘れずに有効化しておきましょう。
 
 

スポンサーリンク








プラグイン「WP multibyte Patch」の有効化