MAMPを使ってMacのローカル環境にWordPressをインストールする方法

MAMPを使ってMacのローカル環境にWordPressをインストールする方法
リンゴ
この記事はMacユーザー向けの記事です。
 
 
WordPressでブログサイトを運営していると、テーマのカスタマイズやプラグインを検証したいということも増えてくると思います。
そんな時、本番サーバーのサイトを直接変更すると、カスタマイズ途中のサイトを公開してしまったり、プラグインとの相性が悪く適切に動作していないサイトを公開してしまう可能性も出てきます。

また、未完成のサイトが公開されていること自体、セキュリティを考えるうえであまり良くありません。

そこで活用していただきたいのが、「MAMP(マンプ)」というフリーソフトです。

MAMPを使うと、あなたのMac上に簡単にWebのテストサーバーを構築することができます。
WordPressテーマやサイト全体の変更、プラグインの検証を行う際は、自分のローカル環境にあるテストサーバーで試したうえで本番サーバーにアップロードする方が安全です。

非常に便利なソフトですので、WordPressを運用しているMacユーザーの方はぜひ活用しましょう。
 
 

スポンサーリンク

MAMPとは?

「MAMP」とは、Mac OSXのローカル環境にWebのテストサーバーを構築できるフリーソフトです。
これにより、Mac上にWordPressなどの動的ページのサイトが作れるようになります。
 

リンゴ
手軽で利用者も多いソフトです。
 
 
ちなみに、MAMPという名前の由来は、以下4つの頭文字をつなぎ合わせたのものから来ています。

  • Mac OS X(オペレーティング・システム)
  • Apache HTTP サーバー(Webサーバー)
  • MySQL(データベース)
  • PHP, Perl, Python(プログラミング言語)

 
 

MAMPの主な特徴

MAMPには、主に以下のような特徴があります。

  • インストールと初期設定が簡単で導入しやすい。
  • Apache、Nginx、MySQL、PHP、phpMyAdminを利用できる。
  • 通常のレンタルサーバーと同じようにWordPressをインストールして利用できる。
  • アプリケーションは日本語対応。

 
 
MAMPとは一体どんなソフトか分かったところで、早速ローカル環境にWordPressをインストールする方法を解説していきたいと思います。
手順通りにすれば簡単に設定できますので、安心して作業を進めてください。
 
 

MAMPの設定方法

MAMPを設定するには、以下の2つの作業が必要となります。

  • MAMPのインストール
  • MAMPの初期設定

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

MAMPのインストール

まず初めにMAMPの公式サイトにアクセスします。

以下のようなページが開きますので、無料版(灰色の象)のアイコンの下にある『DOWNLOAD』ボタンをクリックします。

無料版(灰色の象)のアイコンの下にある『DOWNLOAD』ボタンをクリック
 
 
有料版の「MAMP PRO」は、ローカル環境に複数のサーバーを構築して管理することができ、サーバーごとに異なるバージョンのプログラムを使用することができます。
 

リンゴ
サーバーを管理する技術者向けのバージョンですね。
 
 
1つのサイトをローカル環境に作るなら「FREE」と書かれた無料版のMAMPを使用しましょう。
 
 
画面が切り替わります。
Download』ボタンをクリックしましょう。

『Download』ボタンをクリック
 
 
MAMPデータがダウンロードされます。
ダブルクリックして起動しましょう。

ダウンロードしたMAMPデータをダブルクリックして起動
 
 
以下のような画面が表示されるので、『続ける』ボタンをクリックします。

『続ける』ボタンをクリック
 
 
次の画面でも『続ける』ボタンをクリックします。

『続ける』ボタンをクリック
 
 
大切な情報には、「MAMPのインストールの際にMAMPフォルダとMAMP PROフォルダがアプリケーション・フォルダ内に作られるので、これを移動したりフォルダ名を変えてはいけない」というようなことが記載されています。
 

リンゴ
フォルダの扱いには注意しましょう。
 
 
使用許諾契約の画面に切り替わります。
続ける』ボタンをクリックしましょう。

『続ける』ボタンをクリック
 
 
すると、以下のようなダイアログが表示されますので、『同意する』ボタンをクリックします。

『同意する』ボタンをクリック
 
 
インストール先の選択画面が開きます。
MAMPをインストールするディスクを選択し、『続ける』ボタンをクリックしましょう。

MAMPをインストールするディスクを選択し、『続ける』ボタンをクリック
 
 
画面が切り替わります。
インストール』ボタンをクリックしましょう。

『インストール』ボタンをクリック
 
 
これで、MAMPのインストールが開始されます。
以下のような画面に切り替わったら、インストール完了です。

MAMPインストール完了画面
 
 

MAMPの初期設定

次に、MAMPを「Launchpad」から起動します。

MAMPを「Launchpad」から起動
 
 
以下のようなダイアログが表示されます。
Check for MAMP PRO when starting MAMP』(MAMP起動時にMAMP PROを確認する)のチェックを外し、『Launch MAMP』ボタンをクリックします。

『Launch MAMP』ボタンをクリック
 
 
以下のような画面が開きますので、『Preferences…』をクリックします。

『Preferences…』をクリック
 
 

Start/Stop

初めに「Start/Stop」を設定します。
以下のようにチェックを入れましょう。

MAMP「Start/Stop」の設定
 
 
こうすることで、MAMPを起動する度に自動でWebサーバーとデータベースが立ち上がるようになります。
また、逆にMAMPの起動画面の『終了』ボタンをクリックすると、自動でサーバーが閉じます。
 
 

Ports

次に「Ports」を設定します。
Ports』タブをクリックし、画面を切り替えましょう。

ここでは、Webサーバーソフト(Apache)や、データベース・ソフト(MySQL)ごとにポート番号を指定します。
「Ports」設定はデフォルトのままで問題ありません。

MAMP「Ports」の設定
 
 

PHP

次に「PHP」を設定します。
PHP』タブをクリックし、画面を切り替えましょう。

こちらは以下のように設定します。

MAMP「PHP」の設定
 
 
PHPとは、WordPressで使用されているプログラム言語のことです。
[Standard Version]は、特に問題がなければ最新バージョンを選択しておきましょう。

[Cache]は、プログラムのキャッシュ機能を検証するものです。
必要があればプルダウンメニューの中から選択しましょう。
 
 

Web Server

最後に「Web Server」を設定します。
Web Server』タブをクリックし、画面を切り替えましょう。

こちらは以下のように設定します。

MAMP「Web Server」の設定
 
 
ApacheとはWebサーバーのソフトウェアのことで、ここではWebサーバーのトップに位置するデータの保存場所を指定します。
 
 
これで、MAMPの初期設定は完了です。
 
 

スポンサーリンク

WordPressのインストール方法

MAMPのインストールと初期設定が完了したところで、最後にWordPressをインストールする方法を解説します。

WordPressは、通常のホームページと異なり、データベースにアクセスして動的にページを作り出す仕組みになっています。
そのため、インストールするには以下の2つの手順が必要となります。

  • データベースの作成
  • WordPressのインストール

 
 
こちらの作業も手順通りにすれば簡単に設定できますので、安心して作業を進めてください。
 
 

データベースの作成

MAMPを起動して、『Open WebStart page』をクリックします。

『Open WebStart page』をクリック
 
 
以下のようなページにアクセスします。
phpMyAdmin』をクリックしましょう。

『phpMyAdmin』をクリック
 
 
phpMyAdmin』がクリックできない場合は、ブラウザのURL欄に以下を入力しアクセスしてみてください。

 
 
データベースの管理画面が表示されます。
画面上部にある『データベース』タブをクリックしましょう。

画面上部にある『データベース』タブをクリック
 
 
ここでは、次のように入力・選択して『作成』ボタンをクリックします。

『作成』ボタンをクリック
 
 
データベース名はわかりやすい任意の英数字を入力しましょう。
ここでは「wp-test」というデータベースを作成しました。

データベース名の右隣の部分は『utf8_general_ci』を選択します。
 
 
以下のように、新しいデータベースが追加されたら作成は完了です。

追加された新しいデータベース
 
 

WordPressのインストール

次に、WordPressのインストール方法を解説します。
まず、WordPressの公式サイトにアクセスしましょう。

画面右側にあるダウンロードボタンをクリックします。

画面右側にあるダウンロードボタンをクリック
 
 
WordPressデータがダウンロードされます。
圧縮されたデータを解凍して、フォルダを開きましょう。

圧縮されたデータを解凍して、フォルダを開く
 
 
WordPressのデータを「MAMPの初期設定」の「Web Server」タブで設定したフォルダ(デフォルトは/Applications/MAMP/htdocs/)に全て移動します。

WordPressのデータを「Web Server」タブで設定したフォルダに全て移動
 
 
データの移動が完了したら、ブラウザのURL欄に以下を入力しアクセスしてみましょう。

 
 
以下のような画面が開きますので、画面下部にある『さあ、始めましょう!』ボタンをクリックします。

『さあ、始めましょう!』ボタンをクリック
 
 
データベースにアクセスするための情報を入力します。

データベースにアクセスするための情報を入力
 
 
まず、[データベース名]には「データベースの作成」で作成した「wp-test」と入力します。

その他の情報は、スタートページを活用すればすぐに分かります。
MAMP起動画面の『Open WebStart page』をクリックしましょう。

MAMP起動画面の『Open WebStart page』をクリック
 
 
スタートページが開きますので、「MySQL」の項目に書かれた情報を入力します。

MAMPスタートページの「MySQL」項目
 
 
初期設定のままなら、以下のように入力すればOKです。

  • データベース名:wp-test(「データベースの作成」で作成したデータベース名)
  • ユーザー名:root
  • パスワード:root(MAMPの初期パスワード)
  • データベースのホスト名:localhost
  • テーブル接頭辞:wp_

 
 
[テーブル接頭辞]は、1つのデータベースに複数のWordPressをインストールするために必要ですが、1つのサイトがあれば十分なので、デフォルトの「wp_」のままで大丈夫です。
 
 
全ての情報を入力したら、『送信』ボタンをクリックしましょう。
 
 
以下のような画面に切り替わりますので、『インストール実行』ボタンをクリックします。

『インストール実行』ボタンをクリック
 
 
必要情報の入力画面に切り替わります。
WordPressのサイト名、管理画面にログインする情報を設定しましょう。

必要情報の入力画面
 
 

リンゴ
ここで入力した情報は、後で変更もできるので安心してください。
 
 
全ての情報を入力したら、『WordPressをインストール』ボタンをクリックします。
 
 
以下のような画面が開けば、インストールは完了です。
ログイン』ボタンをクリックしてみましょう。

『ログイン』ボタンをクリック
 
 
「必要情報の設定」で設定したユーザー名とパスワードを入力して『ログイン』ボタンをクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力して『ログイン』ボタンをクリック
 
 
WordPressのダッシュボード画面が表示されれば、WordPressのインストールは完了です。

WordPressのダッシュボード画面
 
 
作業は以上となります。
 

リンゴ
おつかれさまでした!
 
 

まとめ

今回は、MAMPを使ってMacのローカル環境にWordPressをインストールする方法を解説しました。
初心者の方には難しく感じられたかもしれませんが、手順通りに進めれば問題なく設定できたのではないかと思います。

ローカル環境にWordPressをインストールできれば、あとは思う存分テーマのカスタマイズやプラグインの検証ができますので、しっかりテストサーバーでサイトの変更や動作を確認したうえで、本番サーバーへアップロードするようにしていきましょう。

スポンサーリンク








MAMPを使ってMacのローカル環境にWordPressをインストールする方法