WordPressで記事にタグを設定する方法

WordPressで記事にタグを設定する方法

WordPressには、記事ごとで重要なキーワードを表現することができる「タグ」という機能があります。
記事に設定するとこんな感じで表示されます↓

wordpressタグ
 
 
上記のタグをクリックすると、同じタグが設定された記事を一覧表示することができます。

タグページ
 
 
似た機能に「カテゴリー」というものがありますが、記事をジャンルで分けて管理するカテゴリーに対し、タグは記事ごとにキーワード設定できるため、カテゴリーよりも細かく記事を分類することができます。

今回は、WordPressで記事にタグを設定する方法を解説しますので、記事の分類方法の一つとしてぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

タグの作成方法

WordPressの管理画面左メニューから『投稿タグ』という順にクリックして進みます。

『投稿→タグ』という順にクリック
 
 
タグの設定画面が開きました。
画面右には、タグの一覧が表示されています。

タグ一覧画面
 
 
画面左の[新規タグを追加]で新しくタグを作成します。
必要項目を入力しましょう。

タグ設定画面
 

  • 名前
    タグの名前を入力します。
    ここで入力した名前がブログ上で表示されます。
  •  

  • スラッグ
    スラッグとはタグページのアドレス名のことで、例として以下の赤文字部分を指します。

    例:http://example.com/tag/game

    スラッグは日本語でも設定可能ですが、上記のようにURLの一部として使用されるので、半角英数字を使ってタグ名を英訳したシンプルなキーワードで設定することをオススメします。

  •  

  • 説明
    タグの説明を入力します。

 
 
全ての項目を入力したら、ページ下部の『新規タグを追加』ボタンをクリックします。

これで、タグが作成されます。
 
 

記事投稿時にタグを設定する方法

タグは、記事投稿時にも設定することができます。

まず、新しく投稿する記事を作成しましょう。
記事の作成方法は以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:WordPress 投稿記事の作成方法
 
 
記事の作成が済んだら、画面右の[タグ]のブロックを見てみましょう。

記事編集画面のタグ
 
 
空欄に設定したいタグを入力し『追加』ボタンをクリックすると、記事にタグが設定されます。
カンマで区切れば、複数のタグを一気に設定することも可能です。

タグ追加画面
 
 
記事投稿時のタグ作成は便利な機能ではありますが、スラッグ設定などができないので、記事に設定した後は該当タグを選択して編集することをオススメします。
 
 
また、『よく使われているタグから選択』をクリックすると、よく使用するタグの中から選択して設定することができます。

よく使われているタグ
 
 
タグを削除する場合は、タグの隣の『×』マークをクリックしましょう。

『×』マークをクリック
 
 

スポンサーリンク

タグの編集方法

作成したタグは後から編集することも可能です。
タグ一覧画面を表示しましょう。

編集したいタグにマウスを合わせると、以下のようなメニューが表示されます。

タグ編集メニュー
 
 
編集』をクリックすると以下のような画面が開き、タグを編集することができます。
編集後は『更新』ボタンをクリックしましょう。

タグ編集画面
 
 
クイック編集』をクリックすれば、タグ設定画面のままタグ名とスラッグのみ編集することができます。
編集後は『タグを更新』ボタンをクリックします。

タグのクイック編集画面

タグを削除する場合は、『削除』をクリックしましょう。
 
 

まとめ

今回は、WordPressで記事にタグを設定する方法を解説しました。

タグを適切に設定すれば、カテゴリーよりも細かく記事を分類できるほか、ユーザーにサイト内をいろいろ回遊してもらうことにもつながりますので、
サイトの滞在時間を伸ばすためにも、ぜひ有効活用していきましょう。
 
 

スポンサーリンク








WordPressで記事にタグを設定する方法