プラグインWordPress Related Postsを使って関連記事を表示する方法

ブログに訪れたユーザーの滞在時間を延ばして直帰率を下げるためにも、関連記事の表示は必ず行っておきましょう。
関連記事を表示しておけば、ブログの回遊率も上がりますし、それによって他の記事のPV数も増やすことができます。

また、内部リンクが強化されることでSEO対策になるというメリットもあるので、表示させない手はありません。

ということで、今回はWordPressプラグイン「WordPress Related Posts」を使って、関連記事を簡単に表示させる方法を解説します。

WordPress Related Postsは、投稿記事の下部に関連記事を自動的に表示してくれるプラグインで、豊富なバリエーションの中から自分好みのデザインで関連記事を表示することができ、関連記事表示の精度も非常に高く優れています。

ページのデザイン性を損なうことなく、ブログのユーザビリティを向上できる便利なプラグインですので、ぜひインストールしておきましょう。

WordPressのテーマによっては、関連記事表示機能が初めから備わっているものもあります。
テーマに合わせて導入を検討しましょう。

 
 

スポンサーリンク

WordPress Related Postsのインストール

まず、WordPress Related Postsをインストールしましょう。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「WordPress Related Posts」と検索します。

するとWordPress Related Postsのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

WordPress Related Postsの設定

インストールが完了したら、WordPressの管理画面左メニューから
設定WordPress Related Posts』という順にクリックします。

『設定→WordPress Related Posts』という順にクリック
 
 
WordPress Related Postsの設定画面が開きます。

WordPress Related Postsの設定画面
 
 
設定項目はたくさんありますが、一つ一つ解説していきますので一緒に作業を進めてみてください。
 
 

メールの受け取り設定

Subscribe to news and activity reportsでは、メールの受け取り設定を行います。

メールの受け取り設定画面 [Email]にメールアドレスを入力し『Subscribe』ボタンをクリックすれば、Related Postsに関するお知らせメールを受け取れるようになります。
特に重要な設定でもないので、必要がなければ空欄にしていてOKです。
 
 

基本設定

Basic settingsでは、WordPress Related Postsの基本設定ができます。

基本設定画面
 
 
・Related Posts Title
関連記事を表示する部分の見出しタイトルを設定します。
「関連記事」や「こちらもオススメ」など、任意の言葉を入力しましょう。
 
 
・Number of Posts
関連記事をいくつ表示するか設定します。
 
 

詳細設定

Advanced settingsでは、関連記事のデザインや表示内容などさまざまな設定をすることができます。

詳細設定画面
 
 

レイアウト設定

関連記事のレイアウトを設定します。
[Enable Themes] にチェックを入れ、[Layout]の8種類のレイアウトの中から好みのものを選択しましょう。

レイアウト設定画面
 
 

カスタマイズ

ここでは、関連記事をさらに詳細にカスタマイズできます。

カスタマイズ
 
 
・Display Thumbnails For Related Posts
サムネイルを表示するかどうか選択します。
 
 
・Display Number of Comments
記事へのコメント数を表示するかどうか選択します。
 
 
・Display Publish Date
記事を投稿した日付を表示するかどうか選択します。
 
 
・Display Post Excerpt ○○ Maximum Number of Characters.
記事抜粋部分の文字数を設定します。
 
 
・Display Post Categories
投稿カテゴリーを表示するかどうか選択します。
 
 
・Enable custom CSS
チェックを入れると、CSSで関連記事をカスタマイズすることができます。
 
 
・Default thumbnails
記事にアイキャッチが設定されていない場合に、デフォルトで表示する画像を設定できます。
 
 
・Custom size thumbnails
[Use Custom Size Thumbnails]にチェックを入れ、空欄に数値を入力すれば、サムネイルのサイズを自由に設定することができます。
 
 

その他の設定

サムネイルのサイズを自由に設定することができます
 
 
・Exclude these Categories
関連記事に表示したくないカテゴリーを選択できます。
 
 
・Auto Insert Related Posts
チェックを入れると、自動で関連記事が表示されるようになります。
 
 
・Display Related Posts in Feed
チェックを入れると、RSSフィードにも関連記事を表示させることができます。
 
 
・Support us
「WordPress Related Posts」開発者の情報を表示するかどうか選択します。
 
 
全ての設定が完了したら、設定画面下部の『Save changes』ボタンをクリックして、設定を反映させましょう。

『Save changes』ボタンをクリック
 
 
きちんと表示されているか確認しておきましょう。
今回はこのように表示されました。

関連記事
 
 

スポンサーリンク

表示する記事を手動で選択

表示する関連記事は、手動で選択することも可能です。

まず、関連記事の下に表示されている『Edit Related Posts』ボタンをクリックします。

『Edit Related Posts』ボタンをクリック
 
 
すると、このようなウィンドウが開きますので、下の[Recommended posts]から関連記事に表示させたい記事を選び、上の[Selected posts]にドラッグ&ドロップします。

記事を[Selected posts]にドラッグ&ドロップ
 
 
表示させたい記事を選択したら、右上の『Save and Close』ボタンをクリックしましょう。
 
 

まとめ

今回は、簡単に関連記事が表示できるプラグイン「WordPress Related Posts」の使い方を解説しました。

WordPress Related Postsは、関連記事を表示するプラグインの中でもカスタマイズの自由度が高く、より関連性の高い記事を表示してくれる、非常に優れたプラグインです。

ページのデザイン性を損なうことなく、ユーザビリティを向上しSEO対策もできるおすすめプラグインですので、気になった方はぜひインストールしてみてください。
 
 

スポンサーリンク