リライトのときに便利!WordPress 投稿一覧機能の基本的な使い方を解説

WordPress 投稿一覧機能の基本的な使い方

WordPressでブログの記事数が増えてくると、以前書いた記事のリライトなどの作業も自然と増えてきます。

そんな時に活用してもらいたいのが投稿一覧機能です。
投稿一覧機能を使えば、簡単に過去の記事を探したり編集することができるので非常に便利です。

今回は、WordPressの投稿一覧機能の使い方を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

WordPressの投稿一覧機能の使い方

まず、投稿一覧の画面にアクセスしましょう。

WordPressの管理画面左メニューから『投稿投稿一覧』という順にクリックして進みます。

『投稿→投稿一覧』という順にクリック
 
 
投稿一覧画面が表示されました。

投稿一覧画面
 
 
ここでは、以下の使い方を解説していきます。

  • 記事の編集
  • 記事の検索
  • 表示項目の変更

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

記事の編集

編集したい記事にマウスを合わせると、以下のようなメニューが表示されます。

記事編集メニュー
 
 
ここで『編集』をクリックすると編集画面に切り替わり、記事の編集をすることができます。
記事の詳しい編集方法は以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:WordPress 記事の編集方法
 
 

記事の検索

以下の赤枠部分のリンクをクリックすることで、それぞれ対応した記事のみを表示することができます。

記事の種類
 
 

  • 公開済み
    既に公開している記事のみを表示
  •  

  • 公開予約
    予約投稿を設定している記事のみを表示
  •  

  • 下書き
    下書き保存している記事のみを表示
  •  

  • ゴミ箱
    削除した記事のみを表示

 
 
日付やカテゴリーで絞って検索することもできます。
日付やカテゴリーを指定したら、その隣の『絞り込み検索』ボタンをクリックしましょう。

日付やカテゴリーで絞って検索
 
 
また、画面右の検索ボックスを使えば、キーワードで記事を絞り込んで検索することもできます。
キーワードを入力したら、『投稿を検索』ボタンをクリックしましょう。

キーワードで記事を絞り込んで検索
 
 

表示項目の変更

投稿一覧では、以下のように記事のタイトルやカテゴリー、メタキーワードなどを一目で確認できるようになっています。

投稿一覧
 
 
これらの項目は、自分好みに表示させる項目を選択することができます。

画面右上の『表示オプション』をクリックしましょう。
すると、以下のような設定メニューが表示されます。

『表示オプション』をクリック
 
 
ここでは、以下の表示設定をすることができます。
 

  • カラム
    投稿一覧に表示する項目を選択することができます。
  •  

  • ページ送り
    投稿一覧画面で1ページあたり何件の記事を表示させるか設定できます。
    あまり多くし過ぎてしまうとページが重くなってしまいますので、デフォルトの「20」のままにしておくことをオススメします。
  •  

  • 表示モード
    表示形式を「リストビュー」と「抜粋表示」から選択できます。

 
 
設定が完了したら『適用』ボタンをクリックしましょう。
 
 

まとめ

今回は、WordPressの投稿一覧機能の使い方を解説しました。

投稿一覧機能を活用すれば、ブログの記事数が増えても簡単に目的の記事を探したり編集することができますので、作業効率を上げるためにも基本的な使い方はしっかりマスターしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク








WordPress 投稿一覧機能の基本的な使い方