WordPressにプラグインをインストールする方法+初心者おすすめプラグインまとめ

WordPressでサイトを立ち上げたら、今度はプラグインをインストールしていきましょう。

プラグインというのは、WordPressにおける拡張機能のことで、導入すればサイトの集客面や利便性、SEOの向上にもつながる非常に重要なものです。

例えるならば「武器」「防具」のようなもので、たくさん装備すればサイト運営も長期にわたって戦い抜くことが出来ます。

しかし、便利だからといってなんでもかんでもインストールしてしまうと、今度はサイトの表示速度を遅くしてしまったりと、ユーザビリティを低下させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

そこで今回は、WordPressにプラグインをインストールする方法と、サイト立ち上げ時に必要不可欠、または便利でオススメなプラグインの紹介を行っていきますので、この記事を参考にぜひインストールしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

プラグインのインストール方法

まず、基本的なプラグインのインストール方法を解説していきます。

  1. はじめに「Multi Plugin Installer」というプラグインをインストールします。
    このプラグインは、複数のプラグインを一気にインストールできるようになる非常に便利なものです。

    WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックしてください。

  2.  
    『プラグイン→新規追加』という順にクリック
     
     

  3. 右上あたりに「プラグインの検索」と書かれた検索窓があるので、
    こちらに「Multi Plugin Installer」と入力しEnterを押します。
  4.  
    「Multi Plugin Installer」と入力しEnterを押します
     
     

  5. プラグインがヒットしますので、『今すぐインストール』をクリック。
  6.  
    『今すぐインストール』をクリック
     
     

  7. インストールが完了したら、『プラグインを有効化』をクリックします。
     
    『プラグインを有効化』をクリック
     
     
    これでWordPressに「Multi Plugin Installer」という拡張機能が加わりました。

 
 

スポンサーリンク

Multi Plugin Installerを使ってプラグインを一気にインストールする

プラグインのインストール方法は非常に簡単なのですが、これが複数となると少し面倒ですよね。
そんな時に活躍するのが、先ほどインストールした「Multi Plugin Installer」です。

では、早速やってみましょう!
 
 

  1. まず、WordPressの管理画面から『Multi Plugin Installer』をクリック。
    こちらは、「Multi Plugin Installer」をインストールし有効化していれば、管理画面に表示されるようになります。
  2.  

     
     

  3. 下記の画面が表示されます。
     
    Multi Plugin Installer設定画面
     
     
    赤枠の中にプラグイン名を書き込んでいきます。
    下記のプラグインを全てコピーして、枠内に貼り付けましょう。
  4. All In One SEO Pack
    Akismet
    BackWPup
    Black Studio TinyMCE Widget
    Broken Link Checker
    Contact Form 7
    EWWW Image Optimizer
    Google XML Sitemaps
    Jetpack by WordPress.com
    Lazy Load
    No Self Pings
    PS Auto Sitemap
    PubSubHubBub
    WordPress Related Posts
    Table of Contents Plus
    TinyMCE Advanced
    WordPress Ping Optimizer
    WordPress Popular Posts
    WP Multibyte Patch
    WP Social Bookmarking Light

     
     

  5. 貼り付けたら、『Install & Activate plugins』をクリック。
    これで、複数のプラグインが一気にインストールされ有効化されます。

 
『Install & Activate plugins』をクリック
 
 

導入したプラグインについて

少し駆け足でインストールまで済ましてしまいましたが、ここで、インストールしたプラグインの解説を行っていきます。

SEO系

All In One SEO Pack
WEB集客に必要不可欠なプラグインです。これさえあれば、ほぼ完璧にサイト全体のSEO対策をすることが出来ます。
 
 
Google XML Sitemaps
Googleが提供する無料プラグインです。
WordpressとSearch Consoleを連携させるためのサイトマップを自動で生成し、検索エンジンに通知してくれます。
 
 
Jetpack by WordPress.com
WordPress.comが提供している多機能プラグインです。サイト統計情報をはじめ、さまざまな便利機能を利用することができます。
 
 
PubSubHubBub
記事の更新情報をRSSリーダーに通知するプラグインです。
記事を投稿すると、ほぼリアルタイムに検索エンジンにインデックスすることができます。
 
 
WordPress Ping Optimizer
記事を更新するたびに、自動でPingを送信してくれるプラグインです。
Ping送信とは、更新情報が集められたサーバーに、あなたのサイトが更新したことを知らせることです。
 
 
WP Social Bookmarking Light
コンテンツ内にFacebook、Twitterなどのソーシャルメディアのボタンを設置するためのプラグインです。
導入することで、ソーシャルメディアによるコンテンツの拡散にもつながります。
 
 

ユーザビリティ系

Contact Form 7
お問い合わせフォームが設置できるようになるプラグインです。
お問い合わせフォームは、ユーザーと管理人のコミュニケーションツールになるほか、
サービスの向上や、記事に対する指摘や削除依頼への迅速な対応にもつながるので、必ず作成するようにしましょう。
 
 
EWWW Image Optimizer
サイトに画像を多く用いる人にオススメのプラグインです。画像ファイルを自動的に圧縮し、サイトの表示速度の低下を防ぎます。
 
 
Lazy Load
ページのスクロールに応じ、視野に入らない画像の読み込みを後回しにすることで、サイトの表示速度を上げるプラグインです。
 
 
PS Auto Sitemap
読者が目的の記事を見つけやすいように、サイト全体の目次を作成するプラグインです。
ユーザビリティやSEOの向上にも効果があるので、ぜひインストールしましょう。
 
 
WordPress Related Posts
記事の下に関連記事を表示することができるプラグインです。
デザインや表示内容も自分好みにカスタマイズすることができます。
 
 
Table of Contents Plus
各記事に目次を作成するプラグインです。
サイトの見栄えが整うだけでなく、読者も読みたい項目が見つけやすくなり、ユーザビリティも向上します。
 
 
WordPress Popular Posts
人気記事のランキングを作れるプラグインです。導入することで、ユーザーが他の記事に興味を持ってくれるのにもつながります。
 
 

サイト管理系

BackWPup
サイトのバックアップを定期的に自動で取れるようになるプラグインです。
データ消失など、万が一のリスクに備えて確実にバックアップを取っておきましょう。
 
 
Black Studio TinyMCE Widget
記事を書く際に使用する「ビジュアルエディタ」を、ウィジェットにも使えるようにするプラグインです。
導入することで、簡単に凝ったデザインのウィジェットが作れるようになります。
 
 
Broken Link Checker
記事内のリンク切れを自動で発見し通知してくれるプラグインです。
 
 
No Self Pings
セルフピンバックを防ぐプラグインです。ピンバックとは、サイトにリンクを貼ると自動的に通知が届く機能ですが、
自分がサイトに内部リンクを貼る際にも適用される機能なので、いちいち通知が来るのが煩わしく感じる人にはオススメです。
 
 
TinyMCE Advanced
ブログを書く際に使用する「ビジュアルエディタ」を使いやすくするプラグインです。
導入することで、1ボタンで文字の編集などを行うことができ、作業効率もグッと高まります。
 
 
WP Multibyte Patch
WordPressを日本語対応にしてくれるプラグインです。
 
 

セキュリティ系

Akismet
スパム対策のプラグインです。
サイトに寄せられるスパムコメントを判別し、一定期間が過ぎると自動に削除してくれます。
 
 

まとめ

以上20個のプラグインは、Web集客、サイトの管理を考えた上でも非常に役に立つプラグインです。

今回紹介したものを基準に、新しいプラグインをインストールしてみたり、不要だと思うものは削除するようにして、運用するサイトに合った適切なカスタマイズを行っていきましょう。

はじめにも言いましたが、大量にプラグインをインストールするのは、
サイトの表示速度を下げる原因にもなりますので、導入すべき機能をきちんと判断し、適切な量のプラグインを管理するようにしましょう。

着々と下準備が進んできてますね!

次回は、サイトタイトルと説明文の設定方法を解説します。
こちらの記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の記事:WordPressのサイトタイトルとキャッチフレーズの設定方法
 
 

スポンサーリンク