WordPressの投稿記事に画像を挿入する方法

WordPressの投稿記事に画像を挿入する方法

見映えの良いコンテンツを作成するためにも、画像の挿入は積極的に行っていきましょう。

画像を使うことで、ユーザーに読みやすい記事を提供することができますし、記事を作成する側からしても、画像を使えば記事の内容を説明しやすくなります。

今回は、WordPressで記事に画像を挿入する方法を解説しますので、この記事を参考に基本的な使い方をマスターしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク

画像の挿入方法

WordPressの記事に画像を挿入する方法は、以下2つの方法があります。

  • 画像ファイルをアップロードして挿入
  • メディアファイルから画像ファイルを選んで挿入

 
 
それぞれの挿入方法を解説していきますので、一緒に作業を進めてみてください。
 
 

画像ファイルをアップロードして挿入

記事の作成画面を開き、画像を挿入したい位置にカーソルを合わせます。

画像を挿入したい位置にカーソルを合わせます
 
 
本文の上のメニューの中にある『メディアを追加』をクリックしましょう。

『メディアを追加』をクリック
 
 
「メディアを挿入」というウィンドウが開きますので、『ファイルのアップロード』のタブをクリックします。

『ファイルのアップロード』のタブをクリック
 
 
すると、以下のような画面に切り替わりますので、画面上に画像ファイルをドラッグ&ドロップするか、『ファイルを選択』をクリックしPCからアップロードする画像ファイルを選択します。

アップロード画面
 

  • 画像ファイルをドラッグ&ドロップする場合
    記事に挿入したい画像を、PCからブラウザ画面上にドラッグ&ドロップします。

    画像をPCからブラウザ画面上にドラッグ&ドロップ

  •  

  • 『ファイルを選択』をクリックし画像ファイルをアップロードする場合
    記事に挿入したい画像を選択し、『開く』ボタンをクリックします。

    画像を選択し『開く』ボタンをクリック

 
 
最大30MBまでなら、複数の画像ファイルを一気にアップロードすることも可能です。
 
 
画像をアップロードすると、画面右側に添付ファイルの詳細設定が表示されます。
ここは、以下を参考に設定してみてください。

添付ファイルの詳細設定
 

  • タイトル
    画像のタイトルを入力します。
    ここでつけたタイトルは、Google画像検索の検索結果に表示されるようになるので、きちんとキーワードを盛り込んだタイトルをつけましょう。
  •  

  • キャプション
    ここにテキストを入力すると、挿入した画像の下に入力したテキストが表示されるようになります。
  •  

  • 代替テキスト
    何らかの原因で画像が表示されなかったときに、画像の代わりに表示されるテキストを設定します。
    代替テキストは、検索エンジンの評価対象のひとつにもなるので、SEO効果を高めるためにもきちんと設定しておきましょう。
  •  

  • 説明
    管理用に画像の説明文を入力できます。
  •  

  • 配置
    画像の配置を、「左」「中央」「右」「なし」から選択することができます。
  •  

  • リンク先
    画像のリンク先を、「なし」「メディアファイル」「添付ファイルのページ」「カスタムURL」から選択できます。
  •  

  • サイズ
    画像のサイズを、「サムネイル」「中」「大」「フルサイズ」から選択できます。

 
 
画像の詳細設定が完了したら、『投稿に挿入』ボタンをクリックしましょう。

『投稿に挿入』ボタンをクリック
 
 
画像が挿入されました。

画像が挿入されました
 
 
記事の編集方法を「テキストエディタ」から「ビジュアルエディタ」に切り替えて確認してみましょう。

「テキストエディタ」から「ビジュアルエディタ」に切り替える
 
 

メディアファイルから画像ファイルを選んで挿入

記事の作成画面で画像を挿入したい位置にカーソルを合わせ、『メディアを追加』ボタンをクリックしましょう。

「メディアを挿入」のウィンドウが開きますので、『メディアライブラリ』の画像一覧から記事に挿入したい画像を選択し、『投稿に挿入』ボタンをクリックしましょう。

「メディアを挿入」のウィンドウが開きます

これで、画像が挿入されます。
 
 

スポンサーリンク

画像の編集

記事に挿入した画像は、後からリンクを付けたり配置を変えたりと編集することが可能です。

ビジュアルエディタで記事作成画面を開き、挿入した画像をクリックしましょう。
すると、以下のようなメニューが表示されますので、『編集』ボタンをクリックします。

『編集』ボタンをクリック
 
 
「画像詳細」のウィンドウが開きます。
ここでは、上記で解説した画像詳細設定の他に画像の縮尺を変えたり、画像をトリミングすることも可能です。
オリジナルを編集』ボタンをクリックしましょう。

『オリジナルを編集』ボタンをクリック
 
 
「画像を編集」のウィンドウが開きます。

「画像を編集」のウィンドウが開きます
 
 
画面右のメニューでは、以下の項目を設定することができます。

画像縮尺の変更

画像縮尺の変更

画像のサイズを変更することができます。
画像の縦・横どちらかのサイズをピクセル数で入力すると、もう一方のサイズが自動で表示されます。
サイズが決まったら、『縮尺変更』ボタンをクリックしましょう。
 
 

画像のトリミング

画像のトリミング

画像のトリミングを行う場合、選択範囲の縦横比を設定することができます。
縦横比は、以下を参考にしてみてください。

・正方形 = 1:1
・ハイビジョン = 16:9
・従来のPC = 4:3
・フィルムサイズ = 3:2

また、[選択範囲]に縦・横のサイズをピクセル数で入力することで、トリミングの選択範囲を設定することができます。
 
 
画像のトリミングは、ウィンドウ左の編集メニューで行うことができます。

画像編集メニュー
 
 
編集メニューの使い方は、以下を参考にしてみてください。

アイコンツール名用途
トリミングトリミング画像の切り抜きができます。
反時計回りに回転反時計回りに回転画像の向きを左回りに回転します。
時計回りに回転時計回りに回転画像の向きを右回りに回転します。
垂直方向に反転垂直方向に反転画像を垂直方向に回転させます。
水平方向に反転水平方向に反転画像を水平方向に回転させます。
取り消し取り消し1つ前の編集に戻ります。
やり直しやり直し「取り消し」をしたが、やっぱり取り止めて元に戻す時に使用します。

 
 

サムネイル設定

サムネイル設定

トリミング後の表示内容を、サムネイル画像にも適用させるかどうかを設定できます。
適用範囲は以下の3つから選択することができます。
 
 

  • すべての画像サイズ
    サムネイル画像、オリジナル画像、自動生成される画像の3つに適用します。
  •  

  • サムネイル
    サムネイル画像にだけ編集が適用されます。
  •  

  • サムネイル以外の全サイズ
    サムネイル画像以外に編集が適用されます。
    サムネイル画像だけは現状のままにしたいときに選択しましょう。

 
 
全ての項目を設定したら、『保存』ボタンをクリックしましょう。
これで、画像の編集が反映されます。
 
 

まとめ

今回は、WordPressで記事に画像を挿入する方法を解説しました。

WordPressでは記事に簡単に画像を挿入できるほか、挿入後も画像の編集をすることができるので、これらの機能を活かして見映えの良いコンテンツ作りを目指しましょう。
 
 

スポンサーリンク








WordPressの投稿記事に画像を挿入する方法