WordPressで投稿した記事を非公開に設定する方法

WordPressでは、記事単位で記事を公開するか非公開にするか設定することができます。

記事は非公開にすると、作成者や管理人からしか見ることができなくなります。

今回は、WordPressの記事を非公開にする方法を解説しますので、記載の誤りを見つけた時や記事を再編集したい場合などに活用してみてください。
 
 

スポンサーリンク

記事を非公開にする方法

まず、非公開にしたい記事の編集ページを開きます。

記事の投稿方法は以下を参考にしてみてください。

参考記事:WordPressで記事を投稿する方法
 
 
画面右の[公開]ブロックを見ましょう。

記事編集画面の公開
 
 
[公開状態]の『編集』をクリックします。

『編集』をクリック
 
 
以下のような画面に切り替わります。
非公開』にチェックを入れ、『OK』ボタンをクリックしましょう。

『非公開』にチェックを入れ、『OK』ボタンをクリック
 
 
最後に『更新』ボタンをクリックします。

これで、記事が非公開になりました。
 
 
WordPressの管理画面左メニューから『投稿投稿一覧』という順にクリックして進むと、記事の公開状態が確認できます。

投稿一覧画面
 
 
ページがどうのように表示されているかも確認してみましょう。
記事が非公開になっていれば、タイトルに「非公開:」というテキストが追加されています。

非公開表示

この画面は、ブログの作成者や管理人しか見ることができません。
 
 

非公開の記事を公開する

非公開にしていた記事を公開する方法を解説します。
公開したい記事の編集ページを開き、[公開状態]の『編集』をクリックしましょう。

公開』にチェックを入れ、『OK』ボタンをクリックします。

『公開』にチェックを入れ、『OK』ボタンをクリック
 
 
最後に『更新』ボタンをクリックすると、記事が公開されます。
 
 

まとめ

今回は、WordPressの記事を非公開にする方法を解説しました。

解説した通り、記事の公開・非公開は簡単に切り替えることができますので、記事を自分だけに表示させたい時などはぜひ活用してみてください。
 
 

スポンサーリンク