WordPress 固定ページをトップページに設定してサイト型表示にする方法

WordPress 固定ページをトップページに設定してサイト型表示にする方法

WordPressテンプレートは、トップページを開くと記事が一覧表示される「ブログ形式」のデザインがほとんどですが、フロントページ機能というものを使えばトップページを
「サイト形式」のデザインに変更することができます。

こんな感じで変更できます↓

「ブログ形式」から「サイト形式」へ変更
 
 
この機能を使えば、トップページを自分好みにカスタマイズして他サイトとの差別化を図ることができるほか、見やすくて使いやすいサイトを作れば、ユーザビリティの向上だけでなく、ユーザーがサイト内をいろいろ回遊してくれることにもつながります。

今回は、WordPressのトップページをサイト形式に変更する方法を解説しますので、サイトのリニューアルなどお考えの方はぜひ試してみてください。
 
 

スポンサーリンク

固定ページでフロントページを作成する

まず、固定ページでトップページに表示する「フロントページ」を作成します。

固定ページの作成方法は、以下を参考にしてみてください。

参考記事:WordPress 固定ページの作成方法
 
 

固定ページで投稿ページを作成する

次に、記事を一覧表示する「投稿ページ」を作成します。

WordPressでは、トップページをサイト形式に変更すると、それまで表示されていた記事一覧が表示されなくなり、記事へのアクセス手段がなくなってしまいます。

そこで、別途記事を一覧表示するための「投稿ページ」を作成し、いつでもアクセスできるように設定しておきましょう。
 
 
投稿ページの作成方法は非常に簡単です。
固定ページの作成画面を開き、タイトルとパーマリンクを設定するだけです。

タイトルとパーマリンクを設定
 
 
ちなみに、今回はタイトルを「記事一覧」、パーマリンクを「articles」と設定しました。
 
 
設定が完了したら、『公開』ボタンをクリックしてページを公開しましょう。
 
 

スポンサーリンク

フロントページの表示設定をする

「フロントページ」と「投稿ページ」を作成したら、フロントページの表示設定に移ります。

WordPressの管理画面左メニューから『設定表示設定』という順にクリックして進みます。

『設定→表示設定』という順にクリック
 
 
表示設定の画面が開きます。
「フロントページの表示」の項目で、『固定ページ』を選択し、[フロントページ]には先ほど作成した「フロントページ」を、[投稿ページ]には「投稿ページ」をそれぞれ設定しましょう。

表示設定の画面
 
 
全ての設定が完了したら、ページ下部の『変更を保存』ボタンをクリックします。

『変更を保存』ボタンをクリック
 
 
これで、作成したフロントページがサイトのトップページで表示されるようになります。
 
 

まとめ

今回は、WordPressのトップページをサイト形式に変更する方法を解説しました。

WordPressの使い方に慣れてくれば、簡単にトップページのデザインを変更することができますので、他サイトとの差別化やユーザビリティの向上のためにも、ぜひ挑戦してみてください。
 
 

スポンサーリンク








WordPress 固定ページをトップページに設定してサイト型表示にする方法