WordPressのパスワード保護機能で記事に閲覧制限をかける方法

WordPressでは、記事やページに任意のパスワードを設定して閲覧制限をかけることができます。

この機能を使えば、メルマガの読者やSNSのフォロワーにパスワードを配布して、特定のユーザーにしか見れないページを作ったりすることもできます。

今回は、WordPressで作成した記事やページにパスワードで閲覧制限をかける方法を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

記事にパスワードを設定

まず、閲覧制限をかけたい記事の編集ページを開きます。

画面右の[公開]ブロックを見てみましょう。

記事編集ページの[公開]ブロック
 
 
[公開状態]の『編集』をクリックします。

『編集』をクリック
 
 
以下のような画面に切り替わりますので、『パスワード保護』にチェックを入れます。

『パスワード保護』にチェックを入れ
 
 
すると、パスワード入力画面が表示されますので、ここに設定したいパスワードを入力し
OK』ボタンをクリックします。

パスワードを入力し『OK』ボタンをクリック
 
 
これで、記事がパスワード設定されました。
[公開状態]が「パスワードで保護されています」になっているのを確認しておきましょう。

[公開状態]が「パスワードで保護されています」になっている
 
 
設定が完了したら、『公開』ボタンをクリックします。
 
 

パスワード設定した記事を表示

パスワード設定した記事がどのように表示されるか確認しましょう。

パスワード設定した記事は、タイトルは表示されますが本文は非表示になっています。

パスワード設定した記事
 
 
パスワード入力欄に、記事の編集ページで設定したパスワードを入力し、『確定』ボタンをクリックします。

パスワード入力欄
 
 
パスワードを間違わずに入力すると、以下のように記事の本文が表示されます。

記事の本文
 
 
ちなみにパスワードの保持期間は、WordPressの標準仕様の「10日間」有効で、一度パスワードを入力すれば10日間は入力無しで記事が閲覧できます。
 
 

スポンサーリンク

パスワードの解除方法

パスワードの解除方法は簡単です。

再度、パスワード設定している記事の編集ページに行き、[公開]ブロックで[公開状態]の『編集』をクリックします。

画面が切り替わりますので、『公開』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリックします。

『公開』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリック
 
 
最後に『公開』ボタンをクリックすればパスワードが解除され、通常通り記事が表示されます。
 
 

まとめ

今回は、WordPressで作成した記事やページにパスワードで閲覧制限をかける方法を解説しました。

解説した通り、記事のパスワード設定は非常に簡単にすることができますので、メルマガ会員限定ページなど特定ユーザー用のページの作成を検討している方は、ぜひ活用してみてください。
 
 

スポンサーリンク