サイトの質を保つ!WordPressで投稿した記事を編集する方法

WordPressで投稿した記事を編集する方法

WordPressでは、投稿した記事を後から編集することも可能です。

記事数が増えてくると、どうしても以前書いた情報が古くなっていたり、以前の記事をリライトしたりする必要が出てきます。

記事の編集機能は、WordPressでブログサイトを運営していくうえで必要不可欠の機能ですので、しっかりと基本的な使い方をマスターしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク

記事の編集方法

まず、WordPress管理画面左メニューから『投稿投稿一覧』という順にクリックして進みます。

WordPress管理画面左メニューから『投稿→投稿一覧』という順にクリック
 
 
「投稿」ページが開き、今まで投稿した記事の一覧が表示されます。

記事の一覧が表示されます
 
 
編集したい記事にマウスを合わせると、以下のようなメニューが表示されます。

編集したい記事にマウスを合わせると、メニューが表示されます
 
 
ここでは、以下2つの方法で記事を編集することができます。

  • 編集
  • クイック編集

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

編集

記事のタイトルをクリック、もしくは表示されたメニューの中から『編集』をクリックしましょう。

『編集』をクリック
 
 
記事の編集画面が開きます。

基本的な操作は、新規に記事を投稿するときと同じです。
今回はテストで、本文のトップに一文を挿入してみます。

テストで、本文のトップに一文を挿入してみます
 
 
編集が完了したら、画面右の[公開]ボックスを見ましょう。

編集が完了したら、画面右の[公開]ボックスを見ましょう

変更をプレビュー』ボタンをクリックすると、編集したページがどのように表示されるか確認することができます。

確認をして問題なければ、『更新』ボタンをクリックしましょう。
 
 
編集が反映されました。

編集が反映されました
 
 

クイック編集

次に、クイック編集の方法を解説します。

メニューの『クイック編集』をクリックしましょう。

『クイック編集』をクリック
 
 
クイック編集のメニューが開きます。
クイック編集は、「投稿」ページのまま記事を編集することができます。

「投稿」ページのまま記事を編集することができます

クイック編集では、編集可能な項目がタイトルや日付、カテゴリーなどと限られており本文の編集はすることができません。
一部の情報だけを素早く更新したい場合に活用しましょう。

メニュー右下の『更新』ボタンをクリックすれば、編集が反映されます。
 
 

記事から編集画面を開く

WordPressにログインした状態で記事を表示すると、画面上部に『投稿の編集』という項目が表示されます。

これをクリックすることで、記事の編集画面を開くことも可能です。

クリックすることで、記事の編集画面を開くことも可能です
 
 

まとめ

今回は、WordPressで投稿した記事の編集方法を解説しました。

記事数が増えていくと、あなた自身のコンテンツ作成力も自然と上達していきます。
その時に、始めの頃に書いた記事を読み返すと、その記事の質が低く感じてしまうこともあると思います。

そんなときは、編集機能を活用してリライトを行い、サイト内の記事の質を常に高く保つようにしましょう。

そうすることで、サイト全体のSEO評価も高めることができます。
 
 

スポンサーリンク








WordPressで投稿した記事を編集する方法