Webマーケティングって?5分で分かるWebマーケティングの基礎知識

「Webマーケティングとは?」と聞かれて、すぐに答えられる方は少ないのではないでしょうか?

このサイト RiNG OF LIFE では、ブログを中心としたWebマーケティングを成功に導くための実践方法を解説していますが、成果を最大化させるためには、Webマーケティングとはどういうものかということをきちんと理解したうえで、施策に取り組んでいく必要があります。

ということで、今回は基礎の基礎。
Webマーケティングとは一体何なのか、ということについて解説していきます。
 
 

スポンサーリンク

Webマーケティングのその前に

Webマーケティングとは何かを理解する前に、まず「マーケティング」について理解しておく必要があります。

あなたは「マーケティング」という言葉からどのようなものを想像しますか?

  • 新しい商品やサービスを企画すること
  • 市場調査をすること
  • テレビCMやチラシなどを使って宣伝すること

 
 
以上のようなことを想像する方が多いのではないでしょうか。

これらは、確かにマーケティングの一部ではあるのですが、正確な回答ではありません。

かの有名な経営コンサルタント ドラッガーは、

「マーケティングとはセリング(販売)をなくすこと」

という言葉を残しています。
これは要するに、「売り込み(販売)をかけなくても、物が売れる状態を作り出すことがマーケティング」ということです。

上で書いた「企画」や「市場調査」、「宣伝」などはいずれもマーケティングの1要素であり、これらの要素を密接に組み合わせて、
お客様の方から”売ってほしい”と寄ってくる状態を作り出すことが、マーケティングということになります。
 
 

Webマーケティングとは

マーケティングについての理解を深めたうえで、Webマーケティングとは何かについて解説していきます。

Webマーケティングとは、インターネットを利用してWebサイトを中心に行うマーケティングのことです。
具体的な内容としては、以下のような施策が挙げられます。
 
 

SEO(検索エンジン最適化)

GoogleやYahoo!の検索結果でより上位にサイトが表示されるよう、適切なサイト構築や良質なコンテンツの作成を行います。
基本的に即効性はありませんが、予算をかけずに施策でき、長期的にユーザーの自然流入を増やすことができます。
 
 

リスティング広告

リスティング広告とは、以下のように検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告のことです。

リスティング広告
 
 
広告料を払えばすぐに上位表示されるという高い即効性もあり、ユーザーを効率よくサイトへ誘導することができますが、その分細かな広告の運用管理が必要となってきます。
 
 

LPO(ランディングページ最適化)

ユーザーが最初に訪れるページをランディングページと言います。
そのランディングページに、内部リンクや検索機能を設置することでユーザーの回遊率を上げ、離脱されないようにページのパフォーマンスを改善する施策です。
 
 

ソーシャルメディア対策

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを運用し、ユーザーとコミュニケーションを取ることでWebサイトへのアクセスを促します。
 
 

スポンサーリンク

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングには、以下のような特徴があります。

  • ハイスピード
  • ローコスト
  • 効果測定性

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

ハイスピード

マーケティングを展開するスピードが速く、ユーザーの反応を見ながら修正や変更、改善などをすぐに行うことができます。
 
 

ローコスト

さまざまな分析ツールが無料で利用できるほか、広告費用もCMや新聞、雑誌などと比べ格段に小さいため、極小規模から始めることが可能です。
 
 

効果測定性

Webサイトに訪れたユーザーが、「どこから来て」「どのページに」「何回」「何秒」滞在したのか、などといった情報を全て数値で管理することができます。
 
 

まとめ

今回は、Webマーケティングとは一体何なのか、ということについて解説しました。

Webマーケティングの成果を最大化するためにも、今回解説した特徴を意識して適切な施策を立てる必要がありますので、基本的な知識としてしっかり覚えておきましょう。
 
 

スポンサーリンク