SEOとは | 初心者でも分かるSEO対策で成功するための基礎知識

SEOとは | 初心者でも分かるSEO対策で成功するための基礎知識

Webマーケティングで最大の成果を得るためには、正しい認識をもって「SEO対策」に取り組む必要があります。
しかし、まだWebサイトの運営を始めたばかりの人は、SEOと言われても正直何のことかさっぱり分からないと思います。

そこで今回は、Webマーケティング初心者の方のために、SEOに関する正しい知識と取り組むうえでの考え方について解説していこうと思います。

SEOに対する正しい認識を持って施策に取り組めば、得られる成果は大きく変わってきますので、この記事でSEOで成功するための基本的な考え方をしっかり身につけておきましょう。
 
 

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」 の略で、
GoogleやYahoo!などの検索結果で、Webサイトを上位表示させるために行う一連の取り組みのことを指します。

これは、一般的なSEOの定義としてよく言われることなのですが、ここで勘違いしてはいけないことが、検索エンジンという機械を攻略することだけがSEOではないということです。

これは、SEO事業者を含め多くの人が陥りがちな認識なのですが、
SEOで成功しているほとんどの人は、SEOは「機械」ではなく検索ユーザーという「人間」を対象に行うものだということをきちんと理解しています。

SEOは検索エンジンを攻略することとしか認識していない人は、検索エンジンが目指す本質的な最適化の施策を後回しにして、上位表示を実現するためだけのテクニックや技術論に行きついてしまいます。

しかし、このテクニックには時として、ユーザーにとって価値のないWebサイトでも無理やり上位表示させようとするものもあり、意外なことに、このテクニックこそがSEOであると認識している人も大勢います。

これに対し、SEOは人間を対象に行うものだと認識している人は、検索エンジンで上位表示され、
かつユーザーに有益な価値と満足感を与えるWebサイトの作成に力を注ぎます。

当然、後者の考え方を持っている人の方が、上位表示された時に、遥かに高い認知と多くのファンを獲得することができます。

それでは、このことについてさらに詳しく解説していきます。
 
 

スポンサーリンク

テクニック重視のブラックハットSEOとその衰退

上記で述べた、SEOを検索エンジンの攻略としか認識せず、上位表示を実現させることだけを考えた施策を「ブラックハットSEO」と呼びます。

ブラックハットSEO
 
 
ブラックハットSEOは、検索エンジンのシステムの穴を突き、検索エンジンを欺いてWebサイトを価値のあるものに見せかけ、上位表示を実現させるテクニックで、確かにかつてはWebサイトを上位表示させるうえで有効な手法でした。

しかし、これによってあまりにも価値のないWebサイトが増え、検索結果の質が落ちてしまい、そのままにしておくと人々が検索エンジンを使わなくなってしまうという問題が発生しました。

これを解決するために、Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートに取り組み、価値のないWebサイトをなくす試みを続けてきました。
その結果、システムの穴は大幅に狭まり、ブラックハットSEOを用いて価値のないWebサイトを無理やり上位表示させる、という施策もほとんど通じなくなりました。
 
 

人間を対象としたホワイトハットSEOとその成果

ブラックハットSEOとは相反する考え方で、ユーザーに満足してもらえるコンテンツを作成し、上位表示を実現する施策を「ホワイトハットSEO」と呼びます。

ホワイトハットSEO
 
 
ホワイトハットSEOでは、検索エンジンのガイドラインを遵守し、コンテンツの質を高め、ユーザーにとって有益な価値を与えるWebサイトの作成を行います。

これまでは、ブラックハットSEOによる施策が幅を利かせていたせいで、どれだけ価値のあるWebサイトを作っても、検索エンジンを欺いて上位表示されるWebサイトを上回ることはできませんでしたが、Googleによる問題の解決や検索エンジンの進化により、現在では、ホワイトハットSEOの方がブラックハットSEOよりも遥かに大きな成果を得られるようになりました。

さらに、ホワイトハットSEOでは、ブラックハットSEOのように検索順位の激しい変動や、突然検索圏外へ飛ばされるというリスクに怯える必要もありません。
ホワイトハットSEOによるユーザーに満足してもらうことを目的としたWebサイト作りは、継続的な成果を生み出し、遥かに高い認知と多くのファンを獲得することができます。
 
 

スポンサーリンク

SEO対策は基本的にGoogle対策

日本で利用されている主要な検索エンジンは、GoogleとYahoo!です。
しかし、実はYahoo!はGoogleのサーバーを活用しているため、検索結果はGoogleと非常に似通っています。

非常に似通ったGoogleとYahoo!の検索結果
 
 
ですので、検索エンジン対策のメインは実質Google対策ということになります。
 
 

SEOに完璧な対策はない

SEOのルールは、Googleなどの検索エンジンを運営する企業が独自に決めています。
基本的には、「他のどのWebサイトよりも価値のあるコンテンツを上位表示する」ということが前提となっていますが、ルールは複数の要素から構成されており、検索順位を決定するアルゴリズムも複雑なものとなっています。

そして、検索結果が固定化するのを防ぐため、常に優秀な技術者が新しいアルゴリズムを構築し続けています。

そのため、SEOには「完璧な対策」というものがなく、SEO事業者なども多額のお金をかけて検索エンジンの動向を調査していますが、ルール変更とイタチごっこのようになっているのが現状です。
 
 

スポンサーリンク

SEOに取り組むうえでの正しい考え方

以上のことから、SEOで本当の成果を得るためには、検索エンジンを欺いてその隙を突くことを考えるのではなく、検索ユーザーに対してどのようなWebサイトを提供すれば最大限の満足を与えられるか、ということを考える必要があります。

つまり、SEOとは「検索ユーザーに有益な価値と高い満足感を与えるWebサイトを作ること」ということになります。

具体的に言えば、良質なコンテンツの作成はもちろんのこと、内部リンクを最適化することでユーザーが使いやすいサイト構築にすることも重要となってきます。

そして、これらの施策を追求してユーザーに提供する価値が大きければ大きいほど、それ以上の成果が返ってくることになります。

これが、SEOで成功するための基本的な考え方です。
 
 

まとめ

今回は、SEOに関する正しい知識と取り組むうえでの考え方について解説しました。

SEOとは、検索ユーザーに有益な価値と高い満足感を与えるWebサイトを作ることです。

この認識を持って施策に取り組むかどうかで、Webマーケティングの成果は大きく変わってきます。
SEOで本当の成功を収めるためにも、ユーザーに感動を与えるようなWebサイト作りを目指しましょう。
 
 

スポンサーリンク








SEOとは | 初心者でも分かるSEO対策で成功するための基礎知識