WordPressブログの表示速度を劇的に高速化!W3 Total Cacheの設定方法

WordPressブログの表示速度を劇的に高速化!W3 Total Cacheの設定方法

ブログを運営するうえでとてもに重要になってくるのが、ページの表示速度です。

あなた自身も経験があると思いますが、サイトがなかなか表示されないというのは非常にストレスですよね。
はじめは少しイライラする程度ですが、それが積み重なると「もういい!」ってなってページから離脱しちゃう方も少なくないと思います。

せっかく良いコンテンツを作成しても、ページの表示が遅いという理由で読まれもしなかったら、とてももったいないですよね。

そこで、WordPressプラグイン「W3 Total Cache」を設定しましょう。

W3 Total Cacheを使えば、WordPressブログの表示速度を劇的に改善することができ、結果としてユーザビリティやSEOを向上することができます。

今回は、W3 Total Cacheのインストールから設定まで詳しく解説していきますので、まだ導入していない方は、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

W3 Total Cacheとは

W3 Total Cacheは、キャッシュ(一時的に保存されるデータ)を利用することで、WordPressブログの表示速度を高速化させるプラグインです。

WordPressは、データベースからコンテンツを読み取ってページを生成する「動的ページ」という仕組みなのですが、HTMLで生成されている「静的ページ」と比べると、どうしても表示速度が遅いというのが弱点です。

そこで、キャッシュを利用して動的ページを生成する工程をなくし、静的ページとして表示することで、ページの表示速度を飛躍的に高めてくれるのが、このW3 Total Cacheというわけです。
 
 

W3 Total Cacheをインストール

W3 Total Cacheをインストールします。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、プラグイン検索ページで「W3 Total Cache」と検索します。

するとW3 Total Cacheのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

スポンサーリンク

一般設定

プラグインをインストールしたら、WordPress管理画面左メニューから
PerformanceGeneral Settings』という順にクリックして進みます。

『Performance→General Settings』という順にクリック
 
 
すると、以下のような一般設定の画面が開きます。

W3 Total Cache一般設定画面
 
 
ここでは、以下の項目を設定していきます。

  • 一般設定
  • ページキャッシュ
  • 縮小化
  • データベースキャッシュ
  • オブジェクトキャッシュ
  • ブラウザキャッシュ
  • その他

 
 
それでは、一つ一つ解説していきますので一緒に作業を進めてみてください。
 
 

一般設定

Toggle all caching types on or off (at once)』という項目のチェックを外しましょう。

ここにチェックを入れておくと、自動でW3 Total Cacheが推奨する設定にしてくれるのですが、いくつか不要な機能も設定されてしまうため、チェックを外しておいた方がいいです。

『Toggle all caching types on or off (at once)』という項目のチェックを外す
 
 

ページキャッシュ

ページキャッシュとは、サイトの表示速度を高速化させるためのキャッシュです。
「Page Cache」の『Enable』にチェックを入れておきましょう。

「Page Cache Method」は『Disk: Enhanced』のままでOKです。

ページキャッシュ設定画面
 
 
「Page Cache」にチェックを入れると、ページに初めてユーザーがアクセスしたときにページキャッシュファイルが作成されるようになります。

それ以降、他のユーザーがそのページにアクセスすると、作成されたページキャッシュファイルが表示されるようになるため、アクセスのたびにページを生成するということもなくなり、ページの表示速度が高速化します。
 
 

縮小化

ここでは、Webページのソースを縮小化するための設定を行います。
JavaScriptやCSSの改行・スペースなどを取り除いてソースを縮小化するという設定ですが、ここは特にイジらなくても大丈夫です。

縮小化の設定画面
 
 

データベースキャッシュ

WordPressで記事を投稿したり、ページを作成する時の動作を高速化することができます。
「Database Cache」の『Enable』にチェックを入れておきましょう。

「Database Cache」の『Enable』にチェック
 
 

オブジェクトキャッシュ

オブジェクトキャッシュとは、WordPressのphp等の動作を高速化してくれる機能です。
「Object Cache」の『Enable』にチェックを入れておきましょう。

「Object Cache」の『Enable』にチェック
 
 

ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュは、ユーザーのブラウザにキャッシュを一時保管することで、サーバーアクセスへの負荷を軽減し、ページの表示速度を高速化するという機能です。
「Browser Cache」の『Enable』にチェックを入れておきましょう。

「Browser Cache」の『Enable』にチェック
 
 

その他

その他の設定では、『Enable Google Page Speed dashboard widget』のチェックを外しておきましょう。

『Enable Google Page Speed dashboard widget』のチェック
 
 
これは、Googleの提供する速度計測ツールをWoedPressの管理画面で利用するというものですが、難易度も高く、Webサービスを使えばもっと簡単に表示速度を計測することができるので、チェックは外しておいてOKです。
 
 
全ての設定が完了したら、『Save all settings』ボタンをクリックしましょう。

『Save all settings』ボタンをクリック
 
 

各キャッシュの詳細設定

一般設定が完了したら、以下3種類のキャッシュの詳細設定を行いましょう。

  • ページキャッシュ
  • データベースキャッシュ
  • ブラウザキャッシュ

 
 
それぞれの設定ページには、WordPress管理画面左メニューにある『Performance』の中からアクセスできます。

管理画面左メニューにある『Performance』
 
 
それでは、それぞれの設定について解説していきます。
 
 

ページキャッシュ

ここでは、以下の2箇所にチェックを入れておきましょう。

ページキャッシュ設定画面
 
 
「Cache posts page」は、記事ページをキャッシュしてサイトの表示速度を上げる機能です。

「Don’t cache pages for logged in users」は、管理画面にログインしている時はキャッシュしないようにする設定です。
ここにチェックを入れておかないと、記事の投稿や更新をした際、変更内容がリアルタイムで反映されなくなってしまうので必ずチェックをしておきましょう。
 
 
Cache Preloadの設定では、『Automatically prime the page cache』のチェックを外しておきましょう。

これは、自動でページキャッシュを生成して用意してくれる機能ですが、サーバーの負荷を増やしてしまうので、チェックは外しておいた方がいいです。

「Automatically prime the page cache」のチェックを外す
 
 
次に、Purge Policy: Page Cacheの設定を行います。
以下のように設定しましょう。

Purge Policy: Page Cacheの設定画面
 
 
このようにすることで、記事を公開した時に自動的にキャッシュを更新してくれるようになります。
この設定をしておかないと、新しい記事を投稿しても古いキャッシュが残ってしまい、最悪、トップページに更新が反映されなくなってしまうので注意が必要です。
 
 

データベースキャッシュ

ここでは、『Don’t cache queries for logged in users』にチェックを入れましょう。

『Don't cache queries for logged in users』にチェック
 
 
ここのチェックを外すと、記事の更新やウィジェットの編集を行ったときに、編集が正常に反映されなくなる可能性がありますので、必ずチェックしておきましょう。
 
 

ブラウザキャッシュ

ここは、以下のように設定しましょう。

ブラウザキャッシュの設定画面
 
 
こうすることで、同じユーザーがアクセスしてきたときに、ユーザーのブラウザにダウンロードされたキャッシュファイルを優先的に読み込ませることで、ページの表示速度を大幅にアップすることができます。
 
 

スポンサーリンク

キャッシュのリセット方法

W3 Total Cacheを有効化していると、過去の記事を編集したときなどに編集が反映されるまで時間がかかってしまうことがあります。

そんな時は、キャッシュのリセットを行いましょう。

WordPress管理画面左メニューから『PerformanceDashboard』という順にクリックして進み、ダッシュボード画面上部にある『empty all caches』のボタンをクリックします。

『empty all caches』のボタンをクリック
 
 
これで、キャッシュがリセットされます。
過去記事をリライトしたりサイトのデザインを変更したあとは、必ずキャッシュをリセットするようにしましょう。
 
 

まとめ

今回は、W3 Total Cacheのインストールから設定までを解説しました。

はじめにも言ったように、ページの表示速度はブログを運営していくうえでとても重要です。

表示速度が遅いと、せっかく来てくれたユーザーも離れて行ってしまいますが、逆にサクサク表示されるストレスフリーなページだと、使いやすさも上がってユーザーにブログ内をいろいろ回遊してもらえることにもつながります。

ユーザーにより快適にブログを楽しんでもらうためにも、ぜひW3 Total Cacheの導入を検討してみてください。
 
 

スポンサーリンク








WordPressブログの表示速度を劇的に高速化!W3 Total Cacheの設定方法