2月15日の「お菓子の日」にちなんでお菓子の歴史を徹底リサーチしてみた

2月15日の「お菓子の日」にちなんでお菓子の歴史を徹底リサーチしてみた

毎月15日は「お菓子の日」です。
お菓子の日は、全国菓子工業組合連合会が1981年に制定した記念日で、お菓子の神様をまつった例大祭が15日に行われていたことにちなんでいるそうな。

そんなお菓子の日が一年で最も重要視される日が、バレンタインデーの次の日である2月15日です。

お菓子といえば昔から、子どもたちや女性が好きなイメージがあり、男性はあまり興味がないというのが一般的でした。
しかし近頃は、「スイーツ男子」という言葉もできるほど、お菓子や甘い物に目がない男性が増えてきました。
その理由は諸説あるようですが、大前提に、お菓子の幅が広がっていることが挙げられると思います。

今回はそんなお菓子についての話です。
 
 

スポンサーリンク

お菓子の歴史:和菓子~南蛮菓子

お菓子の起源は、祖先が食べていた木の実や果物、蜂蜜など。
栄養摂取のためだけでなく、食べ物に甘味などを楽しむことを求め、発展してきました。

日本で人工的に加工されるようになったのは奈良時代・平安時代のことで、中国から輸入された唐菓子が現在のお菓子の始まりとされています。
その後、鑑真(ガンジー)によって持ち込まれた黒糖や、中国から伝わった饅頭、ようかんなどが日本文化によって改良され「和菓子」が誕生しました。

室町時代には、ポルトガルからカステラやこんぺいとうなどの、いわゆる「南蛮菓子」が伝わります。
海外貿易は長崎の出島に限られていたため、南蛮菓子は長崎で作られ続け、今のような味・形になったそうです。
 
 

おまけ:長崎のカステラまとめ

そういうわけで、長崎にはカステラ屋さんがたくさんあります。
「結局どのカステラを選べばいいの?」と分からなくなる方も多いと思うので少しまとめてみました。
お土産なら、この中から選べばまず間違いないです。
長崎へ旅行の際は、ぜひ参考にしてみてください!
 
 

全国で名の知れた「文明堂総本家」

CMなどでの知名度は抜群ですよね。
長崎のカステラ屋御三家の1つ。
地元では、カステラよりも三笠山(どら焼き)が人気という声も。

文明堂総本家 ホームページへ
 
 

カステラの元祖「福砂屋」

長崎のカステラ屋御三家の1つ。
ざくざくしたザラメが好きな人におすすめ。

福砂屋 ホームページへ
 
 

地元で人気が高い「松翁軒」

HPでは元祖と書かれていますが、創立は福砂屋の方が古いです。
名物チョコラーテが人気。

松翁軒 ホームページへ
 
 

皇室にカステラを献上「匠寛堂」

観光名所である「めがね橋」のすぐそばに店があります。
カステラの中で最高峰と言われる五三焼きカステラは絶品。

匠寛堂 ホームページへ
 
 

お洒落で若者に人気「和泉屋」

創業は比較的新しい方。
カステラスイーツという新しいジャンルを作り、売れています。

和泉屋 ホームページへ
 
 

幻のカステラ「岩永梅寿軒」

あのユーミンもお気に入りのカステラがあり、予約は数ヶ月待ち。
カステラ以外にも、見た目にも楽しい和菓子が沢山あります。

岩永梅寿軒 ホームページへ
 
 

お菓子の歴史:洋菓子

明治時代になり、イギリス、フランス、アメリカなどから、チョコレートやキャンディ、ビスケット、ケーキ、クッキーなどの西洋菓子が伝わりました。

洋菓子といえば、何を真っ先に考えますか?
多くの人は「ケーキ」を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

さらに、「ケーキの絵を描いてみてください」と言われたら、どんな絵を描きますか?
何味のケーキが好きかは人によって違いますが、一番わかりやすいシンプルな絵を描くとしたら、だいたいショートケーキの絵が浮かびませんか?

それほど、日本人の中で最もポピュラーなショートケーキ。
でも実は、この日本で知られているショートケーキは、海外には無いんです!

たとえば、アメリカのショートケーキ

アメリカのショートケーキ
出典:ウィキペディア
 
 
日本人はこれを、絶対ショートケーキだとは言わないと思います。

新進気鋭のスイーツっぽいですもんね。

実は、これはショートケイクというアメリカの家庭菓子で、スコーンのようなビスケットでイチゴやホイップを挟んでいます。
 
 
…いや、美味そうなんですよ。
美味そうなんですが、日本とのギャップ…
 
 
名前からわかるように、日本のショートケーキは、このアメリカのショートケイクからきているそうです。
 
 
次はフランスのショートケーキ

フランスのショートケーキ
出典:culture.fiat-auto.co.jp
 
 
これも、日本のショートケーキとは全然見た目が違いますね。
でも、さすがおフランス。ちょっとお上品です。
 
 

スポンサーリンク

変わったお菓子まとめ

このようにケーキは、国によって見た目や作り方が違うことはありますが、美しかったり可愛かったりして、女性を魅了するのは世界共通ですね。

しかし…中にはこんなものも。

お好み焼きそっくりなマロンケーキ
出典:株式会社虎屋本舗
 
 
お好み焼きにしか見えませんよね?
実はこれマロンケーキなんです。

他にも、

たこ焼きにしか見えないシュークリーム
出典:株式会社虎屋本舗
 
 
たこ焼き!…に見えますが、シュークリームです。

さらにさらに、

チョコっと餃子
出典:株式会社虎屋本舗
 
 
もちろんこれも、餃子じゃありません。
饅頭なんですね~

この3つは同じ有名老舗店が作った商品で、注文すれば発送もしてくれます。

販売ページ:株式会社虎屋本舗-元祖本物そっくりスイーツ・シリーズ
 
 

そっくりスイーツを家で作ってみた

自分でこんなスイーツ作れたら楽しいだろうなぁ、と思ったあなたに朗報!

「ねるねるねるね」がとても楽しかった時代から数十年の月日が経ち、今の知育菓子はハイグレードアップしているんです。

今回紹介するのはコレ↓

つくろう!おこさまランチ
 
 
クラシエフーズから販売されている知育菓子「つくろう!おこさまランチ」!
その辺のスーパーなんかで普通に買えます。

 
 
7種類の「お菓子のもと」と水を混ぜ合わせて、それぞれを付属の型で固めることで、パッケージ写真のようなおこさまランチ型のお菓子が簡単に作れるという商品ですね。

いや〜、最近の知育菓子って本当に凝ってるなー。
 
 
それでは、早速作っていきたいと思います。

まず箱を開けると、以下のような袋が出てきました。

つくろう!おこさまランチの中身
 
 
この中にお菓子のもととスプーン、型が入ってるんですが、この袋は完成したお菓子を乗せるランチプレートにもなるみたいです。

そして、これがお菓子のもと。

つくろう!おこさまランチのお菓子のもと
 
 
「オムレツ」「ポテト」「エビ」「ころも」「チキンライス」「ケチャップ」「ミートボール」の7種類に、グリーンピース風のチョコが付いてます。
 
 
では、オムレツから作っていきますね。
オムレツのもとと水をよく混ぜ合わせます。

オムレツのもとと水をよく混ぜ合わせる
 
 
いい年こいて知育菓子なんかで遊んじゃってますが、コレ何気に楽しいです。
童心に返ったような気分でワクワクします。
 
 
そんなこんなで次はポテト。
水と混ぜたポテトのもとを型に押し込みます。

水と混ぜたポテトのもとを型に押し込む
 
 
型から取り出したら、線に沿ってポテトを切ります。

線に沿ってポテトを切る
 
 
ちなみにこのポテト用のまな板は、上で紹介したランチプレートの裏面に付いてます。
ホント余すとこなくって感じですね〜。
 
 
次はエビ。

つくろう!おこさまランチのエビ
 
 
チキンライスは手でこねます。

つくろう!おこさまランチのチキンライス
 
 
ミートボールは、事前に作っておいたケチャップとからめます。
これが一番リアル。

つくろう!おこさまランチのミートボール
 
 
これで作業はほぼ完了。
それでは、盛り付けに移ります。

まずはオムレツから。
ケチャップで(笑)って書こうとしたんですが、竹かんむりのところがグシャッとなったので、急遽顔文字に変更することに\(^_^)/

つくろう!おこさまランチのオムレツ
 
 
残りの食材も盛りつければ…

完成!
我ながらなかなか良い出来!

つくろう!おこさまランチの
 
 
それでは、早速いただきます。
オムレツから食べますねー。

パクっ、モグモグ。

……まあ、楽しかったらそれでいいよね!
 
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2月15日の「お菓子の日」にちなんで、お菓子の歴史や変わったお菓子を紹介しました。

やっぱりお菓子は、いつの時代も人々の心を魅了し続けているものなんですね。
僕もすっかり知育菓子に魅了されましたし。

毎月15日のお菓子の日には、いつもと違ったお菓子を食べてみるのもいいかもしれませんね。
 
 

スポンサーリンク








2月15日の「お菓子の日」にちなんでお菓子の歴史を徹底リサーチしてみた