SNS Count Cacheを使いhttps化でリセットされたSNSカウント数を復活させる方法

SNS Count Cacheを使いhttps化でリセットされたSNSカウント数を復活させる方法

サイトをhttps化することのデメリットの一つに、SNSボタンのカウント数がリセットされるという問題があります。

これは単純に、https化することでサイトのURLが変わってしまうから起きてしまうことなのですが、TwitterやFacebook、はてなブックマークなど、これらが今までどれだけシェアされていても
サイトをhttps化した瞬間、カウントが0にリセットされてしまいます。

SNSボタンはこんなの↓

SNSボタン
 
 
しかし、WordPressで運営しているサイトなら、このリセットされたSNSカウント数を復活させることができます。

作業もとっても簡単ですので、気になった方はぜひ挑戦してみてください。
 
 

スポンサーリンク

プラグイン「SNS Count Cache」を使う

今回は、SNSカウント数を復活させるために、「SNS Count Cache」というプラグインを使います。

SNS Count Cacheの機能を使えば、httpのときに取得したカウント数と、httpsで取得したカウント数を合算して表示させることができます。
 
 
まず、SNS Count Cacheをインストールしましょう。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「SNS Count Cache」と検索します。

するとSNS Count Cacheのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 
プラグインをインストールしたら、WordPress管理画面左メニューに『SNS Count Cache』という項目が追加されているので、これにマウスを合わせ、さらに表示された『設定』をクリックします。

『設定』をクリック
 
 
「シェア基本キャッシュ機能」の中の[HTTPからHTTPSへのスキーム移行モード]を『有効』にし、『設定の更新』ボタンをクリックします。

[HTTPからHTTPSへのスキーム移行モード]を『有効』にする
 
 
設定はこれだけです。
すぐには反映しませんが、半日くらいでSNSカウント数が復活します。
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「SNS Count Cache」を使って、https化でリセットされてしまったSNSカウント数を復活させる方法を解説しました。

WordPressのブログサイトに限られますが、今回解説した方法を使えば、簡単にhttps化のデメリットを一つ解消できますので、まだの方はぜひ試してみてください。
 
 

WordPressサイトへのSSL導入とhttps化の手順

 
        > WordPressサイトにSSLを導入しhttps化する方法
        > サイトを完全にhttps化する方法
        > GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定変更
  現在の作業 > https化でリセットされたSNSカウント数を復活させる方法
 

スポンサーリンク








SNS Count Cacheを使いhttps化でリセットされたSNSカウント数を復活させる方法