記事をいち早くインデックス!Google XML Sitemapsの適切な設定方法

WordPressで新しく記事を公開した際、正しく、そしてできるだけ早く検索エンジンに認識されるためには、検索エンジン向けのサイトマップを作成することが重要です。

サイトマップとはWEBサイトの構造を表しているもので、本や雑誌で例えるならば「目次」のようなものです。

サイトマップには、サイトのどこに何があるのかをユーザーに伝え、ユーザビリティを高める役割を持つ「HTMLサイトマップ」と、検索エンジンロボット「クローラー」にWEBサイトの構造を伝え、クローラーが効率良くサイトを巡回できるようにする役割を持った「XMLサイトマップ」の2種類があり、検索エンジン向けのサイトマップは、後者のXMLサイトマップにあたります。

今回は、このXMLサイトマップの作成を行っていくのですが、サイトマップなんて初心者の人が作るとなるとなかなか難しいですし、記事の更新の度に、サイトマップを編集してアップロードするなんてことになったらとても手間ですよね。

正直なところ、こんな作業に時間を費やすよりも、1記事でも多くブログを更新させたいところです。

そんな時に活躍するのがコレ。
Googleが提供する無料プラグイン「Google XML Sitemaps」です。

Google XML Sitemapsは、Googleやbingなどの検索エンジン向けのサイトマップを自動で作成してくれるプラグインで、記事を公開または更新する度にサイトマップを作成し、検索エンジンに知らせてくれます。
 
 

スポンサーリンク

検索エンジンロボット「クローラー」の仕組み

まず簡単に、検索エンジンロボット「クローラー」について説明します。

クローラーは定期的にWEB上の各サイトを巡回しており、クローラーがあなたのブログの公開や更新に気がつくと、それをインデックスさせて、検索エンジン上に表示させてくれるという仕組みになっています。

検索エンジンの仕組みについては、以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:検索エンジンの仕組み
 
 
つまり、このクローラーにいち早くブログの更新を気付いてもらうことが、アクセスアップを狙うためにも重要となってくるのですが、ただクローラーが巡回しに来るのを待つのではなく、自分から「ブログを更新したよ!」と伝えることができれば、クローラーも早めに巡回に来てくれそうですよね。

そんな役割を担ってくれるのが、Google XML Sitemapsというわけです。

上記でも述べたように、Google XML Sitemapsは記事を公開・更新する度に、自動でサイトマップを作成し、検索エンジンに知らせてくれます。

もちろん、更新を知らせたからといって、100%クローラーが早めに巡回に来てくれるというわけではないのですが、ただクローラーが巡回に来るのを待っているより、自分から更新情報を知らせてあげた方が圧倒的に巡回に来てくれる可能性は上がりますよね。

WordPressブログを運営していくうえで、必ずインストールしておきたいプラグインですので、まだインストールしていない方はぜひ導入しておきましょう!
 
 

スポンサーリンク

Google XML Sitemapsの設定方法

それでは、設定に移っていこうと思います。

まだ、Google XML Sitemapsをインストールしていない方は、
WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「Google XML Sitemaps」と検索します。

するとGoogle XML Sitemapsのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 
プラグインをインストールすると、管理画面の左メニューの『設定』の中に『XML-Sitemap』が追加されていますので、これをクリックします。

『XML-Sitemap』をクリック
 
 

基本的な設定

ここでは検索エンジンへの通知をするかどうかの設定ができます。
以下のようにチェックを入れておきましょう。

XML-Sitemaps設定画面

「Googleにブログの更新を通知」と、「Bing (旧名MSN Liveサーチ)にブログの更新を通知」にチェックを入れておくことで、ブログを公開したり更新する度にGoogleとBingに更新情報が通知されるようになります。

少しでも早く記事をインデックスさせるためにも、ここのチェックは外さないようにしておきましょう。

※何かの事情で、Googleには表示させたくない、Bingには表示させたくない、というような場合はチェックを外しても大丈夫です。

また、「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」にチェックを入れると、検索エンジンに対してサイトマップの場所を正確に伝えることができるため、こちらも必ずチェックを入れておきましょう。

「高度な設定」はデフォルトのままで大丈夫です。
 
 

投稿の優先順位

投稿や更新したページがサイト内でどれだけ重要かという優先順位を、検索エンジンに伝える事ができます。
例えば、「コメント数」や「平均コメント数」にチェックを入れれば、単純に記事に対するコメントの多さで優先順位が決まります。

ここは、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れて、自動的に優先順位が決められないようにしておきましょう。

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れる
 
 

Sitemapコンテンツ

ここでは、サイトマップに載せる内容を設定することができます。
以下のようにチェックを入れておきましょう。

XML-Sitemaps設定画面

このように設定することで、コンテンツに関わる重要なページだけをサイトマップに掲載し、
クローラーに不要なページは見に行かないよう伝えることができます。
基本的に、クローラーに巡回して欲しいページだけをチェックしておきましょう。
 
 

含めない項目

サイトマップに掲載したくないカテゴリーと投稿・固定ページを指定することもできます。
こちらはデフォルトのままでも大丈夫です。

XML-Sitemaps設定画面

もし、個別の記事・固定ページを掲載したくない場合は、「投稿(個別記事)を含めない」にページの固有IDを入力します。
固有IDの取得方法はとても簡単です。

まず投稿・固定ページ一覧から、掲載したくないページにカーソルを合わせます。
すると、以下のようにブラウザにURLが表示されるので、「〜.php?post= [数字] &action〜」の[数字]をコピーします。

[数字]をコピー

このコピーした数字が固有ID(この場合は「275」)ですので、あとはこれを「投稿(個別記事)を含めない」に貼り付ければOKです。
「,(カンマ)」で区切れば、複数のページの指定もできます。
 
 

更新頻度の設定

ここではページの更新頻度を指定して、検索エンジンに知らせることができます。
以下を参考に設定してみてください。

XML-Sitemaps設定画面
 
 

優先順位の設定

最後に、各ページの優先順位を設定します。
優先順位は、1.0(非常に重要)から0.1(ほとんど重要ではない)の範囲で指定することができます。

以下の設定を参考に、あなたのサイトの中にあるコンテンツの優先順位を決めましょう。

XML-Sitemaps設定画面
 
 
全ての設定が終わったら、ページ下部の『設定を更新』をクリックします。

これで、Google XML Sitemapsの設定は完了です。
お疲れ様でした。
 
 

まとめ

今回は、Google XML Sitemapsの設定方法について解説しました。

はじめにも述べましたが、Google XML Sitemapsをインストールし設定しておくことで、
記事が検索エンジンへインデックスされるスピードを上げることができます。

サイトのアクセスアップを図るためにも非常に重要なプラグインですので、ぜひインストールしておきましょう!
 
 

スポンサーリンク