超便利ツール!Google Search Consoleの登録・設定方法

今回は、検索エンジンであなたのサイトを上位表示させるために必須のツール
『Google Search Console(サーチコンソール)』の登録方法を解説していきます。

Search Consoleは、あなたのサイトがGoogleからどのような評価を受けているのか確認することができるツールで、SEO対策だけでなくサイトのインデックス(書いた記事が検索で表示されるまでの)速度を上げたり、効率よくサイトへのアクセス数を伸ばせたりと、非常に優れた機能を持っています。

ネットビジネスで成功を収めるためにも、ぜひ導入しておきましょう!
 
 

スポンサーリンク

Google Search Consoleとは

Google Search Consoleは、Googleが公式に提供するサイト管理ツールで、無料で使用することができます。

あなたのサイトの能力や成果などといった様々な情報が管理が出来るほか、サイトに発生した問題などもすぐに確認できるので、導入することでGoogle検索に対して正しいサイト運営が出来るようになります。
 
 

Search Consoleへの登録方法「wwwなし」バージョン

  1. まず、Search Consoleの登録にはGoogleアカウントが必要ですので、
    まだアカウントを取得していない方は、下の記事を参考に取得しておきましょう。

    参考記事:Googleアカウントの取得方法

  2.  
     

  3. 次に、Google Search Consoleの公式サイトに行きます。

    以下のようなページが開きますので、真ん中のところにあなたのサイトのトップページのURLを入力してください。

    入力後、『プロパティを追加』ボタンをクリックします。

  4.  
    『プロパティを追加』ボタンをクリック
     
     

  5. 所有権の確認ページが開きますので、『このHTML確認ファイル』をクリックし、ファイルをダウンロードします。
  6.  
    『このHTML確認ファイル』をクリック
     
     

  7. ファイルをダウンロードしたら、あなたのサイトを設置しているサーバーの管理画面、
    もしくはFTPソフトを立ち上げます。

    今回は、エックスサーバーでの設定を例に解説していきます。

    エックスサーバーのインフォパネルに行き、『ログイン』をクリック。

  8.  
    『ログイン』をクリック
     
     

  9. ファイルマネージャにログインします。
  10.  
    ファイルマネージャにログイン
     
     

  11. あなたのサイトのドメイン名のフォルダを開きます。
  12.  
    サイトのドメイン名のフォルダを開きます
     
     

  13. public_html』というフォルダを開きます。
  14.  
    『public_html』というフォルダを開きます
     
     

  15. フォルダを開いたら、右側の[ファイルのアップロード]の『ファイルを選択』をクリックし、
    先ほどダウンロードしたHTML確認ファイルを選択します。

    [ファイルのアップロード]のところに選択したファイルが表示されたら、
    右下の『アップロード』ボタンをクリックしてください。
     
    『アップロード』ボタンをクリック
     
     
    public_htmlフォルダの中に、HTML確認ファイルがアップロードされました。
  16.  
    Search-Console8
     
     

  17. 再度、Google Search Consoleの所有権の確認ページに戻ります。
    私はロボットではありません」にチェックを入れ、『確認』ボタンをクリックしましょう。
  18.  
    『確認』ボタンをクリック
     
     

  19. 簡単な認証テストに答えると、「http://XXXXX/の所有権が確認されました」というメッセージが表示されます。
     
    「http://XXXXX/の所有権が確認されました」というメッセージが表示されます
     
     
    これで所有権の確認は完了です。

 
 

スポンサーリンク

Search Consoleへの登録方法「wwwあり」バージョン

サイトのドメインにwwwが付いたバージョンも登録しておきましょう。
こちらのバージョンも登録しておくことで、検索パフォーマンスを改善することができます。

  1. まず、Google Search Consoleのページに行き、左上の『Search Console』をクリックします。
  2.  
    『Search Console』をクリック
     
     

  3. ページ右の『プロパティを追加』をクリックします。
  4.  
    『プロパティを追加』をクリック
     
     

  5. 「プロパティを追加」のウィンドウが表示されますので、wwwありのバージョンであなたのサイトURLを入力します。
     
    例:http://www.ring-of-life-netbiz.com/

    入力したら『追加』ボタンをクリックします。

  6.  
    『追加』ボタンをクリック
     
     

  7. こちらも所有権の確認が必要です。
    上記の「wwwなし」バージョンで解説した手順を参考に、所有権を確認してみてください。

 
 

優先するバージョンを選択する

最後に、「wwwなし」か「wwwあり」どちらのバージョンをGoogle検索結果に優先して出すか決め、検索パフォーマンスを最適化します。
基本的にどちらでも良いのですが、今回は「wwwなし」を優先する設定にしてみたいと思います。
 
 

  1. Google Search Consoleのページに行き、『Search Console』をクリックします。
  2.  
    『Search Console』をクリック
     
     

  3. wwwなしのサイトの方に「検索パフォーマンスを改善できます。」と表示されていますので、隣の『詳細』をクリックします。
     
    『詳細』をクリック
     
     
    以下のような画面が表示されます。
    「1ウェブサイトの全バージョンを追加する」という作業は、すでに「wwwなし」と「wwwあり」の両方のバージョンを追加しているので、しなくてOKです。
     
    1ウェブサイトの全バージョンを追加する

    ※もし、あなたのサイトがhttps化しているなら、「https://XXXXX」「https://www.XXXXX」のバージョンも追加しましょう。

  4.  
     

  5. 優先するバージョンを設定』をクリック。
  6.  
    『優先するバージョンを設定』をクリック
     
     

  7. 使用するドメインで『URLをXXXXXと表示』(wwwなしの方)を選択し、『保存』ボタンをクリックします。
     
    変更が保存されたことを確認したら、前の画面に戻ります。
  8.  
    『保存』ボタンをクリック
     
     

  9. 次に、『国を選択』をクリックします。
  10.  
    『国を選択』をクリック
     
     

  11. インターナショナル ターゲティングで『』というタブを選択。
  12.  
    『国』というタブを選択
     
     

  13. チェックボックスにチェックを入れ、ターゲットユーザーの地域で『日本』を選択し、
    保存』をクリックします。
  14.  
    『日本』を選択し、
『保存』をクリック
     
     

  15. サイトマップの送信を行います。

    この作業では、WordPressの「Google XML Sitemaps」というプラグインが必要になってきますので、まだの方はインストールしておきましょう。

    インストールの方法としては、WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、プラグイン検索ページで「Google XML Sitemaps」と検索します。

    するとGoogle XML Sitemapsが出てきますので、これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

    WordPressのプラグインインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

    参考記事:WordPressのプラグインインストール方法

  16.  
     

  17. Search Consoleの画面に戻ります。
    サイトマップを送信』をクリックしましょう。
  18.  
    『サイトマップを送信』をクリック
     
     

  19. 右の『サイトマップの追加/テスト』というボタンをクリックします。
  20.  
    『サイトマップの追加/テスト』というボタンをクリック
     
     

  21. 「サイトマップの追加/テスト」というウィンドウが表示されますので、
    こちらの空欄に「sitemap.xml」と入力し『送信』ボタンをクリックします。
  22.  
    『送信』ボタンをクリック
     
     

  23. 「アイテムを送信しました」というメッセージが表示されますので、
    隣の『ページを更新する』をクリックします。
     
    『ページを更新する』をクリック
     
     
    処理が終わるまで少し時間がかかることもありますが、完了すると以下のような画面が表示されます。

 
完了画面

作業は以上となります。お疲れ様でした。
 
 

まとめ

今回は、Google Search Consoleの登録方法を解説しました。

登録や設定に少し時間がかかってしまうので、初めは難しく感じてしまうこともあると思いますが、使っているうちに本当に優秀なツールだということが分かってきますので、ネットビジネス成功のためしっかりと活用していきましょう!
 
 

スポンサーリンク