豆まき・恵方巻き・柊鰯!節分にまつわる色々な風習を解説

豆まき・恵方巻き・柊鰯!節分にまつわる色々な風習を解説

今日は節分
節分っていったら2月3日というイメージがある人も多いかもしれませんが、実はそうじゃないということをご存知ですか?

節分は、現在では立春の前の日のことを指しますが、もともとはそれぞれの季節が終わる日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前の日のことを指していました。

中でも立春は、新年を迎えるのと同じくらい大切な節目であると重要視されていたため、「節分といえば立春の前の日」というのが一般的になったのですが、この立春の日によってまれに「2月2日」や「2月4日」が節分になることもあるんです。

これはどういうことかというと、1年には立春・立夏・立秋・立冬・春分・夏至・冬至…などなど、実に24回もの季節「二十四節気」があります。

しかし、1年365日は24等分できないため、 二十四節気にも毎年わずかなズレが生じてしまいます。
これが原因でまれにですが、節分が「2月2日」や「2月4日」になることがあるんだとか。

こんなの知らないですよねー。
聞いたら、なるほどな~とは思いますけど。
 
 
この他にも豆まきの由来や作法だったり、恵方巻きの由来や昔からある節分のしきたりなど、調べてみるとまだまだ知らないことがたくさんあって面白いな~と思ったので、今回は節分にまつわる色々な風習について解説したいと思います。
 
 

スポンサーリンク

豆まきの由来

節分といったら「豆まき」ですよね!
でもなんで豆なんか撒くんでしょうか?

あんなもん投げつけられても別に大したダメージは受けないと思うんですが。(上着のポケットとかに入ると地味にイヤ)
 
 
豆まきは、古代中国から伝来した「追儺(ついな)」という宮中行事に由来していて、平安時代は陰陽師によって大晦日の夜に行われていました。

季節の変わり目、特に年越しの夜は一年で最も邪気が入りやすい日とされ、このような日には、普段姿を隠している鬼や魔物が出現しやすいと考えられていたことから、新たな一年の前に邪気を追い払ってしまおう!というのが目的の行事でした。

もともとは弓矢などで鬼や魔物を追い払う行事だったのですが、弓矢よりも広い範囲に撒けて、「穀物の精霊が宿っている神聖なもの」とされていたことから「豆」が次第に撒かれるようになり、それが庶民にも広まりました。

また、豆は「魔目」や「魔滅」という漢字が当てられ、「魔の目(魔目)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅)もの」と言われており、「鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって豆を鬼の目に投げつけて退治した」という逸話まであるんだとか。
 
 
…豆かっけーーー。
 
 
でも、目に豆投げつけられるなんて結構なダメージだよね。
鬼も大変だなー。

目潰しされている男性の写真
 
 

正しい豆まきのやり方

それでは、正しい豆まきの手順を解説していきたいと思います。
ぜひ、今年の豆まきの参考にしてみてくださいね。
 
 

1.必要なものを準備する

まず、以下のものを準備しましょう。

  • 福豆(炒り豆) or 落花生
  • 鬼のお面

 
 
福豆は、必ず炒り豆を使いましょう。
これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからで、「豆=魔目」を「炒る=射る」ことで「魔を滅する=魔滅」ようにする必要があります。

まあ、市販の福豆は大概炒ってあるので、そこまで心配はいらないと思いますが。

福豆が準備できたら、枡または三方に入れて神棚にお供えします。神棚がない場合は、目線より上のところにお供えしましょう。
また、上の解説では、「節分=豆」みたいに話しましたが、最近では「あまり散らばらない」「拾って食べるのに抵抗がない」という理由から、落花生を撒く家庭も多くなってきているようです。
 
 

2.誰が豆を撒くのか決める

一般的には、その家庭の主人が鬼のお面をかぶり、その他の人が豆を撒くというようなイメージがあると思いますが、実はこれは正しいやり方ではありません。

本来は、豆を撒くのがその家庭の主人の役割で、年女・年男・厄年の人がするのも縁起が良いと言われています。

まあでも、そんな風習はあってないようなものなので、 そんなに気にしなくても大丈夫というのが現状です。
 
 

3.豆を撒く

鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜に行いましょう。

まず、窓を開けて「鬼は外」と唱えながら家の外に向かって2回撒きます。
すぐに窓を閉めたら、今度は「福は内」と唱えながら部屋の中に2回撒きます。

これを家の奥の部屋から順番に行い、最後に玄関で豆を撒きます。

豆は必ず下手投げで投げましょう。
もともと豊作を祈願して畑に種をまく仕草を表しているので、オーバースローで投げてはいけません。
あくまでアンダースローです。

渡辺俊介のアンダースロー
 
 

4.撒いた豆を食べる

豆まきが終わったら、撒いた豆や落花生を自分の年齢より1つ多く拾って食べましょう。

よく年の数だけ食べましょうと言われていますが、年齢より1つ多く食べるのには、新年の厄払いや1年の無病息災を願うという意味があるんだとか。
 
 

スポンサーリンク

恵方巻きの由来・具材

節分といったら、豆まきの次に定番なのが「恵方巻き」ですよね。

節分の夜にその年の恵方(その年に吉となる方角)を向いて、目を閉じて無言で太巻きを食べることで、無病息災や商売繁盛を願うという風習です。
太巻きを切らずに丸々1本食べるのには、「縁を切らない」という意味が込められているんだそうな。

もともとは関西で節分のイベントとして始まったものらしいのですが、マスコミが取り上げたのをきっかけに今では全国的に定着するようになりました。

ちなみに恵方は、以下のように5年ごとに同じパターンで繰り返されています。

2015年(平成27年) 西南西
2016年(平成28年) 南南東
2017年(平成29年) 北北西
2018年(平成30年) 南南東
2019年(平成31年) 東北東
2020年(平成32年) 西南西
2021年(平成33年) 南南東
 
 
今年(2017年)の恵方は北北西ということになりますね。

恵方巻きの具材は基本的に何でも良いそうですが、七福神にちなんで、しいたけ、うなぎ、かんぴょう、えび、だし巻、でんぶ、きゅうり等の七種類の具を入れるのが良いとされています。
 
 

柊鰯ってなに?

節分の日に、以下のようなお飾りを玄関先に飾っている家を見たことがないでしょうか?

玄関先の柊鰯
 
 
これは「柊鰯(ひいらぎいわし)」といって、その名の通り柊に焼いた鰯の頭を刺して玄関先に飾ることで、魔除け・厄除けをするという風習です。

なんで柊と鰯なのかというと、昔から尖ったものや臭いのきついものは厄払いに使われていて、鬼の嫌いなものも「柊の痛いトゲ」と「臭い鰯の頭」とされてきました。

つまり、

I have a 柊〜

柊
 
 
I have an 鰯〜

鰯
 
 
ア~ン、柊鰯!

柊鰯
 
 
ということで、鬼の大嫌いなものを組み合わせた最強ツールを玄関先に飾ることで、鬼の侵入を防いでいたんですね。
こんなん全然知らなかったなー。
 
 

スポンサーリンク

まとめ

今日は節分ということで、節分にまつわる色々な風習について解説しました。

毎年何気な~く過ごしていた節分ですが、こうして調べてみると知らなかったことがたくさんあって面白かったですね。
きちんとした方法で豆まきもやってみたくなりました。

一年の無病息災や商売繁盛を願う大切な日でもあるので、この記事を参考にぜひ節分の正しい過ごし方を心がけてみてください!
 
 

スポンサーリンク








豆まき・恵方巻き・柊鰯!節分にまつわる色々な風習を解説