PS Auto Sitemapを使って簡単に綺麗なサイトマップを作成する方法

訪れたユーザーにサイトの中をいろいろ回遊してもらうためにも、サイト全体のページ構成を一目で確認できるサイトマップを作成しておきましょう。

サイトマップとは、サイト内の投稿や固定ページなどを一覧表示させる「目次」のような役割を持っていて、サイトマップがあればユーザーは目的の記事を迷うことなく簡単に見つけることができます。

また、サイトマップを作成すればユーザビリティを上げるだけでなく、Googleからの評価も高くなるので、ぜひ作成しておきましょう。

今回は、WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成します。

PS Auto Sitemapは、サイトマップを簡単に作成してくれるだけでなく、新しくコンテンツを追加するたびに自動でサイトマップを更新してくれる便利プラグインです。

プラグインのインストールから設定、サイトマップページの作成まで分かりやすく解説していきますので、まだ作成していない方は一緒に作業を進めてみてください。
 
 

スポンサーリンク

PS Auto Sitemapのインストール

まず始めに、PS Auto Sitemapをインストールします。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「PS Auto Sitemap」と検索します。

するとPS Auto Sitemapのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

サイトマップページの作り方

プラグインをインストールすると、管理画面左メニューの『設定』の中に『PS Auto Sitemap』という項目が追加されているので、これをクリックします。

『PS Auto Sitemap』をクリック
 
 
PS Auto Sitemapの設定ページが開きます。
ページ下部の[ご利用方法]の中に以下のコードが表示されていますので、こちらをコピーします。

コードをコピー  
 
次に、固定ページを使ってサイトマップページを作成します。
管理画面左メニューから『固定ページ新規追加』という順にクリックして進み、固定ページの新規作成画面を開きましょう。

固定ページの新規作成画面
 
 
サイトマップページの作成は、「テキストエディタ」を使って行います。
サイトマップページのタイトルとURLを入力し、コンテンツ入力欄に先ほどコピーしたコードを貼り付けましょう。

コピーしたコードを貼り付け
 
 
入力が完了したら、ページ右上の『公開』ボタンをクリックし、サイトマップページを公開します。
 
 
ページを公開したら、ページのIDを確認して覚えておきます。
ページIDは、ブラウザに表示されるURLの「〜post.php?post=[ ID ]」の[ID]の部分にある数字です。

ページID

この画像の場合だと、ページIDは「881」になります。
 
 

スポンサーリンク

PS Auto Sitemapの設定

PS Auto Sitemapの設定画面に戻り、サイトマップページをどのように表示させるか設定します。
 
 

サイトマップの表示設定

サイトマップに載せるテキストリンクを選択します。

サイトマップの表示設定

ここでは、全てのページへのリンクを載せたかったので、デフォルトのまま3つのチェックボックス全てにチェックを入れています。
 
 

サイトマップの表示記事と詳細設定

サイトマップに載せるリンクの表示内容を設定します。

サイトマップの表示記事と詳細設定
 
 
・サイトマップを表示する記事
先ほどメモしたサイトマップページのページIDを入力します。この場合だと「881」です。
 
 
・出力階層制限
階層を指定することで、指定した階層より下のリンクが表示されなくなります。
 
 
・先に出力するリスト
投稿ページか固定ページ、どちらを先に表示させるか選択します。
 
 
・カテゴリーと投稿の表示
同一ページ内にカテゴリー内の投稿一覧を全て表示するか、カテゴリーのみ表示して、投稿一覧は別ページへリンクを貼るか選択します。
 
 

リンクの非表示設定

サイトマップに載せたくないページリンクを指定することができます。

リンクの非表示設定

設定するには、カテゴリーや記事ページのIDが必要になります。
上記で解説したページIDの確認方法を参考にIDを取得しましょう。
 
 

サイトマップページのデザイン設定

サイトマップページのデザインを選択できます。あなたのサイトの雰囲気に合ったスタイルを選びましょう。

サイトマップページのデザイン設定
 
 

キャッシュの使用

キャッシュを使用するかどうか設定します。
すでにキャッシュ系プラグインを使用している場合は、競合してしまうのでチェックを外しておきましょう。

キャッシュの使用設定
 
 
設定が完了したら、ページ下部の『変更を保存』ボタンをクリックし、設定を反映させましょう。

『変更を保存』ボタンをクリック
 
 
これで、サイトマップの作成と設定が完了しました。
サイトマップがきちんと表示されているか確認しておきましょう。

サイトマップ
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成する方法を解説しました。

サイトマップの作成は、ユーザビリティを向上させるだけでなく、Googleも作成を推奨しているほどSEOにも非常に効果的だと言えます。

自分で作成しようとしたらとても手間で、かつ管理が面倒なサイトマップですが、
PS Auto Sitemapを使えば、綺麗に整ったサイトマップを簡単に作ることができます。

ユーザーにとって、より使いやすいサイトにするためにも、ぜひインストールしておきましょう。

また、今回は「ユーザー用」のサイトマップの作成方法を解説しましたが、「検索エンジン用」のサイトマップの作成も非常に大切ですので、まだ作成していない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:検索エンジン用のサイトマップの作り方
 
 

スポンサーリンク