No Self Pingsを使ってWordPressのセルフピンバックを防ぐ方法

今回は、プラグイン「No Self Pings」を使って、WordPressのセルフピンバックを防ぐ方法を紹介します。

ピンバックとは、サイトにリンクを貼ったときに、自動的にリンク先のサイトに「あなたのサイトのリンクを貼りましたよ」と連絡する機能なのですが、WordPressのデフォルト設定では、自分で自分のサイトに内部リンクを貼る際にも適用されるようになっているため、リンクを貼る度にいちいち通知が来て正直鬱陶しいです。

このような問題も、No Self Pingsをインストールし有効化すれば一発で解決できます。
特に必要な設定もありませんので、お悩みの方はぜひ試してみてください。
 
 

スポンサーリンク

No Self Pingsのインストール

No Self Pingsをインストールします。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「No Self Pings」と検索します。

するとNo Self Pingsのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

No Self Pingsの設定

初めにも述べたように、No Self Pingsはインストールし有効化すれば、特に設定は必要ありません。
これだけで、あとは自動でセルフピンバックを防いでくれます。
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「No Self Pings」を使って、セルフピンバックを防ぐ方法を紹介しました。

デフォルトのピンバック機能をそのまま放っておくと、いつの間にかコメント欄がセルフピンバックだらけになってしまったり、いちいちメールで通知が来て本当に面倒くさいです。

No Self Pingsをインストールすれば、こんな悩みも簡単に解決できますし、何より設定要らずというのがすごく助かりますよね。

セルフピンバックでお悩みの方は、ぜひインストールしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク