ニコニコ動画に動画を投稿して収益が発生する仕組みを分かりやすく解説

ニコニコ動画に動画を投稿して収益が発生する仕組みを分かりやすく解説

YouTubeとともに日本の二大動画配信サイトとして君臨しているのが「ニコニコ動画」です。

YouTubeとの最大の違いは、ニコニコ動画特有のコメント機能であり、これは視聴者が投稿したコメントが瞬時に動画画面に表示される機能で、人気の動画だと画面のほとんどがコメントで埋め尽くされるということも少なくありません。

 
 
そんなニコニコ動画でもYouTube同様、自作の動画を投稿し、そこから収入を得ることができます。

ということで今回は、ニコニコ動画で収入を得る方法とその仕組みについて解説していきます。
ニコニコ動画で動画投稿を始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。
 
 



ニコニコ動画とは

まず、ニコニコ動画について簡単に説明します。
ニコニコ動画とは、株式会社ドワンゴが運営・提供している動画共有サービスです。

ニコニコ動画 トップページ

ニコニコ動画 トップページ

 
 
ニコニコ動画の他にも、イラストやマンガを投稿する「ニコニコ静画」や、音声や素材を投稿する「ニコニ・コモンズ」などの派生サービスも多く存在しています。

YouTubeと比べると、オタク文化に特化したニッチでマニアックな作品が多数投稿されており、その中でも特に「ゲーム実況動画」が人気を博していることから、ニコニコ動画はゲーム実況者の登竜門であるとも言われています。
 
 

ニコニコ動画で収入を得るまでの流れ

次に、ニコニコ動画で収入を得るまでの流れを解説していきたいと思います。
簡単に説明すると以下のような流れになります。
 

  1. ニコニコ動画でプレミアム会員登録をする(niconicoアカウントの作成)。
  2. ニコニコ動画に動画をアップロードする。
  3. アップロードした動画をクリエイター奨励プログラムに登録する。
  4. 動画の人気度に応じて、クリエイター奨励スコアが付与される。
  5. クリエイター奨励スコアが10,000点貯まると、1点=1円で現金へ交換できる。
  6. 毎月20日前後に楽天銀行から送金をお知らせするメールが届く。
  7. 受け取り手続き完了後、指定口座へ送金される。

 
それでは、細かく解説していきます。
 
 

1.ニコニコ動画でプレミアム会員登録をする

ニコニコ動画に動画をアップロードして収入を得るためには、プレミアム会員登録をする必要があります。

ニコニコ動画 プレミアム会員登録画面

ニコニコ動画 プレミアム会員登録画面

 
 
プレミアム会員登録をすることで、「クリエイター奨励プログラム」(後述)に参加することができ、アップロードした動画の人気度に応じて、クリエイター奨励スコアが付与されるようになります。

リンゴ
動画などを楽しむ際のメリットも増えるのでオススメです!
 
 
ニコニコ動画の会員登録方法は以下の記事を参考にしてみてください。

【動画付き】ニコニコ動画アカウントの作成方法|PC・スマホそれぞれ解説

2016.08.10
 
 

2.ニコニコ動画に動画をアップロードする

プレミアム会員登録が完了したら、ニコニコ動画に動画をアップロードします。

動画のアップロード方法は以下の記事に書いています。

ニコニコ動画に動画をアップロードする方法を分かりやすく解説

2016.10.21
 
 

3.動画をクリエイター奨励プログラムに登録する

上でも少し書きましたが、ニコニコ動画で動画を投稿して収入を得るようにするためには「クリエイター奨励プログラム」という制度を利用する必要があります。

ニコニコ動画 クリエイター奨励プログラム

ニコニコ動画 クリエイター奨励プログラム

 
 
クリエイター奨励プログラムは、niconicoプレミアム会員に登録して「動画」、「静止画」、「コモンズ素材」、「ニコニコ立体」、「ニコニコ生放送」のいずれかのサービスで作品を投稿すると参加できます。

クリエイター奨励プログラムに登録した作品には、月ごとにクリエイター奨励スコアが付与され、貯まったスコアは現金に換金することができます。

リンゴ
投稿した作品の人気度に応じてスコアが付与されます。
 
 
スコアの付与が認可されない可能性の高かったゲーム実況動画でも、そのゲームタイトルが奨励プログラム対象に含まれていればスコアを受け取ることが可能になりました。

リンゴ
ゲーム実況動画に対して厳しい見方を示していたゲーム業界も、最近はだいぶ寛容になってきたみたいですね。
 
 
アップロードした動画をクリエイター奨励プログラムに登録する方法は、以下を参考にしてみてください。

ニコニコ動画に投稿した動画をクリエイター奨励プログラムで収益化する方法

2016.11.14



クリエイター奨励スコアの仕組み

クリエイター奨励スコアは10点貯まると、1点=1ptでニコニコポイントに変換することができ、10,000点貯まれば、1点=1円で現金へ交換することも可能です。

注意
※ポイントの有効期限は1年間なので早めに交換しましょう。
※1回の現金受け取りは30万円までで、それ以上の場合は複数回申し込む必要があります。
 
 
また、投稿した動画がコンテンツツリーで他の動画の「親作品」として指定された場合、子作品の動画が人気になれば、「子ども手当」として別途クリエイター奨励スコアを受け取ることができます。

コンテンツツリーとは
「親作品(=派生元の作品)」と「子作品(派生先の作品)」の派生関係を明確にすることができる機能です。
niconico内に親作品が無い場合は、「オリジナル作品表明」をすることも可能です。
参考ページ:コンテンツツリーとは
 
 

報酬について

一般的に、1再生あたり0.2~0.5円と言われていて、YouTubeの1再生0.1円と比べるとニコニコ動画の方が少し割高になっています。

以下の記事(2014年03月時点)では、1再生あたり0.388円と発表されています。

参考記事:niconico「クリエイター奨励プログラム」、総支払額8億3000万円超 「これだけで食べていける人も」

クリエイター奨励スコアの計算方法は今のところ明らかになっていませんが、動画の再生数・マイリスト数・派生作品数などの人気度に応じて算出されているようです。

動画の再生数が関係するのは、「YouTubeアドセンス」と同様ですね。

YouTubeで広告収入を稼ぐ仕組み|広告の種類・単価・特徴も徹底解説!

2016.08.06
 
 
スコアの計算が終了するのは動画がアップロードされてから90日後で、その間に規約違反や動画の削除がなければ、正常にスコアが付与されます。

メモ
ニコニ・コモンズの場合、閲覧数は関係なく、アップした素材が使われた子作品が増えると収益が発生します。
 
 

今後、1再生あたりの報酬は下がる?

クリエイター奨励プログラムは、プレミアム会員収入や動画・静画ページからの広告収入を原資とし、それを分配しています。

プレミアム会員数が減少し続けている現状、クリエイター奨励プログラムに登録している作品数が増えてくれば、当然1再生あたりの報酬は下がってくるでしょう。

参考記事:カドカワの4~6月期、最終赤字に転落

リンゴ
動画投稿を始めるなら早いに越したことはないです!
 
 

ユーザーチャンネルで収入を得る

ニコニコ動画では、クリエイター奨励プログラムの他にもう一つ収益を発生させる方法があります。
それは「ユーザーチャンネル」の作成です。

 
 
YouTube同様、ニコニコ動画でも自身のチャンネルを設けることができます。
ただ一つだけYouTubeチャンネルと違うところが、チャンネル登録が「有料」だということです。

ユーザーは有料のチャンネル登録を行うことで、そのチャンネル限定の有料コンテンツを見ることが可能となります。

メモ
チャンネル登録料の最低設定金額は税込み540円(税込)です。
 
 
ユーザーチャンネルの開設には非常にメリットが多く、合計チャンネル登録料の83%を収入として得ることができます。

しかし、誰でも簡単にチャンネル開設できるというわけではなく、再生数やコミュニティ登録人数、投稿数などniconicoの中である程度の実績を運営側に認めてもらわないと利用することはできません。
 
 



ニコニコ動画とYouTube どっちが稼げるの?

動画投稿で収入を得ようとしているほとんどの人が考えるであろうことが、「ニコニコ動画とYouTube、どっちが稼げるの?」というポイントです。

リンゴ
どっちに投稿しようか迷う人も多いと思います。
 
 

1再生あたりの報酬で判断してはいけない

上の方でも書いた通り、1再生あたりの報酬はニコニコ動画の方が少し割高です。
ただ、これだけで収入の優劣を判断してはいけません。

ニコニコ動画のユーザー数は、YouTubeに比べると圧倒的に少ないというのが現状です。
いくら1再生あたりの報酬が高くても、再生数自体が伸びないと意味がありません。
 
 

ユーザー数の少なさを利用する

逆に、ユーザー数の少なさ(YouTubeに対して)を利用する手もあります。

YouTubeはレッドオーシャンです。それはもう真っ赤っかです。
これからYouTuberとして活動していくとなると、相当な覚悟と努力が必要となります。

そこで、あえてニコニコ動画に動画をアップロードして収益を上げていこうという戦略です。

ニコニコ動画で収入を得る方が簡単というわけではないですが、YouTubeに投稿してなかなか再生数が伸びない動画でも、ニコニコ動画ならまだまだ再生数を伸ばせる可能性があります。

例えばアニメやゲーム。
このジャンルの動画はニコニコ動画でも人気が高く、再生数が伸びやすい傾向にあります。

リンゴ
そんなに競争率も高くありません。
 
 
YouTubeよりも再生数を伸ばせるであろう動画を見極め、それをニコニコ動画にアップロードすることで、効率的に収入を得ることも可能となります。

リンゴ
ニコニコ動画とYouTubeどちらにも同じ動画を投稿して収益化することが認められているので、手間でなければ両方に投稿するのも良いかもしれませんね。


まとめ

今回は、ニコニコ動画で収入を得る方法とその仕組みについて解説しました。

YouTubeと比べると、収入の発生方法や単価にも少し違いがありましたが、たくさん動画を投稿してファンを増やし続ければ、ニコニコ動画でも動画投稿を中心に生活していくことは十分可能となります。

次回は、ニコニコ動画に動画をアップロードするために必須となる「niconicoアカウント」の作成方法を解説します。
こちらもぜひ参考にしてみてください。

【動画付き】ニコニコ動画アカウントの作成方法|PC・スマホそれぞれ解説

2016.08.10
 
 
ニコニコ動画 マニュアル

ニコニコ動画の基本的な使い方はもちろん、動画のアップロードや収益化の方法などをマニュアルとしてまとめています。
ニコニコ動画をより一層楽しむためにも、ぜひ活用してください。

ニコニコ動画 マニュアルへ

ニコニコ動画 マニュアル

スポンサーリンク








ニコニコ動画に動画を投稿して収益が発生する仕組みを分かりやすく解説