1月18日は118番の日|海で事故が起きたら迷わず通報しよう!

1月18日は118番の日|海で事故が起きたら迷わず通報しよう!

本日1月18日は「118番の日」です。

118番ってなんのための通報か知ってますか?

警察を呼ぶ「110番」でもないですよー
救急車や消防車を呼ぶ「119番」でもないです。
 
 
正解は、海上保安庁緊急通報電話番号です。

つまり、海上における事件・事故を海上保安庁に通報するための電話番号なんですが、これってけっこう知られてないんですよね。
この118番の知名度を高めようと制定されたのが、1月18日の「118番の日」というわけです。
 
 

スポンサーリンク

118番の日とは

まず、118番の日について詳しく解説します。

海上保安庁のページでは、118番の日について以下のように記述されています。

1月18日は「118番の日」です

「118番」は海上保安庁緊急通報電話番号です。
この通報による海での事件・事故情報の入手は年々増加していますが、 より多くの人々にその重要性を理解していただき、海の安全確保に資するため、
海上保安庁では、毎年1月18日を「118番の日」と制定いたしました。

海上保安庁ホームページより引用

 
 
はじめにも言いましたが、118番は本っ当に知名度が低いです。

試しに「118番」というキーワードでググってみてください。
僕が調べた時は、けっこう上位にポケモンの「118番道路」の攻略ページが出てくる始末ww

ポケモン「118番道路」の攻略ページ

※ポケモン王国攻略館より引用(http://pente.koro-pokemon.com/oras/map-118ban-douro.shtml
 
 
これくらい世には知れ渡ってないんですね。

実際に、海上保安庁にかかってくる電話のほとんどが間違いやイタズラらしく、有効な通報は1%程度なんだとか。
イタズラや冷やかしで電話をすると、海上保安庁から厳正な処罰を受けるのでやっちゃダメですよー

このようなことから、世の中の人にもっともっと118番を知ってもらおうと制定されたのが、
「118番の日」なんですね。
 
 

どんなときに通報すればいいの?

118番が海上保安庁に通報するための電話番号だということは分かりましたが、実際どんなときに電話すればいいのか分かりませんよね。

海上保安庁と聞いた時点で、自分には無関係だと思ってしまう人も少なくないと思います。
(これが世の中に浸透しない理由の一つだと思う)

確かに、もともとは海難事故や不発弾の発見、密輸や不審船情報の通報先として使われる電話番号なので、漁師の人でもない限りそうそう使うことはないと思われがちですが、実は、割と身近なシーンでも118番に通報するべきことがあるんです。
 
 

サーフィン中の事故

サーフィンをしていてもし事故が起こってしまったら、118番に電話しましょう。
海でもしものことがあった場合、「110番?119番?どこにかければいいの?」と慌ててしまうことがあるかもしれませんが、こんなときは迷わず118番に電話です。

海上保安庁は警察や消防とも連携しているので、もし救急車が必要なら救急車を手配してくれます。
 
 

誰かがゴムボートに乗ったまま沖に流されちゃったとき

海水浴に行くと、よくゴムボートに乗ってる人を見かけますよね。
実際に乗ると楽しいですし、波に揺られているとなんだか気持ちよくなってきます。

でも、ついつい沖の方に出すぎてしまい、ビーチに戻れなくなるという事故も少なくありません。

こんな人を見つけたら、ただちに118番に電話しましょう。
大げさなんじゃない?と思われる方もいるかもしれませんが、実は、救助に向かった人が亡くなってしまうという事故も多いんです。

そんな最悪の事態を招かないためにも、無理をせず118番に電話することが大切です。
また、救助が来るまで、流された人の位置をできるだけ見失わないようにしましょう。
 
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「118番の日」ということで、118番の概要について簡単に解説しました。

漁師の人でもない限り、118番に通報するとしたら海水浴シーズンくらいだとは思いますが、これを知ってるかどうかで海で事故が起こったときの対応速度が全然変わってきますので、今日を機会に118番通報を覚えておきましょう。

キャッチコピーは、「海のもしもは118番」です。
 
 

スポンサーリンク








1月18日は118番の日|海で事故が起きたら迷わず通報しよう!