iPhoneのスリープタイマーを使って音楽や動画アプリを自動で停止する方法

iPhoneのスリープタイマーを使って音楽や動画アプリを自動で停止する方法

寝る前とかにiPhoneで音楽を聴いたり、動画を観たりしながらゆったりしていると、ついついそのまま寝落ちしちゃったなんてことありませんか?

僕も何度か経験したことがあるのですが、目覚めたときにずっと再生されっぱなしだったことに気付くと罪悪感みたいなものに苛まれますし、音楽がうるさくて起きちゃうとすごく寝覚めが悪いですよね。

リンゴ
朝起きた時にはスマホの充電が切れていた、なんてことも…。

そんなときは、iPhoneの『時計』アプリを活用しましょう。

時計アプリには、設定した時間に音楽を自動停止するスリープタイマー機能が備わっています。

『ミュージック』アプリの他にも、『YouTube』や『niconico』などといった動画再生アプリ、ゲームアプリにも使える機能ですので、iPhoneで遊びながらそのまま寝落ちしちゃうことの多い方は、ぜひ試してみてください。
 
 

スポンサーリンク

時計アプリでスリープタイマーを設定する

iPhoneのホーム画面から『時計』アプリを起動させます。
『時計』アプリを起動させます

ホーム画面の『時計』アプリをタップ

 
 
画面右下の『タイマー』をタップすると、タイマーの設定画面が開きます。
『タイマー』をタップすると、タイマーの設定画面が開きます

画面右下の『タイマー』をタップ

 
 
[時間][分]のホイールを上下に回してアプリを自動停止する時間を設定します。

リンゴ
設定時間は最大で23時間59分です。
アプリを自動停止する時間を設定します

アプリを自動停止する時間を設定

 
 
時間を設定したら、『タイマー終了時』をタップします。
『タイマー終了時』をタップします

『タイマー終了時』をタップ

 
 
画面を一番下までスクロールさせ『再生停止』にチェックを入れ、右上の『設定』をタップしましょう。
『再生停止』にチェックを入れ、右上の『設定』をタップしましょう

『再生停止』にチェックを入れ、右上の『設定』をタップ

 
 
「タイマー」の画面に戻り、『開始』をタップするとカウントダウンが始まります。
『開始』をタップするとカウントダウンが始まります

『開始』をタップするとカウントダウンが始まる

 
 
これで、設定した時間にアプリが自動停止されるように設定されました。
タイマーで設定した時間を過ぎると、他のアプリを使用中でもiPhoneがロックされてロック画面に切り替わります。
 
 

まとめ

今回は、iPhoneの『時計』アプリを使って、設定した時間に音楽や動画再生アプリを自動停止する方法を解説しました。

この方法を活用すれば、寝落ちして充電をし忘れてしまい、朝目覚めたときにはバッテリーの残量が少ない、なんてことも防げるようになるので、音楽を聴いたり動画を観ながら寝落ちしちゃうことの多い方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク








iPhoneのスリープタイマーを使って音楽や動画アプリを自動で停止する方法