トランスペアレントとは?|HTML5の基本

トランスペアレントとは?|HTML5の基本

トランスペアレントとは

一部の要素には、コンテンツ・モデルに「トランスペアレント」と定義されているものがあります。

トランスペアレントは、その要素のコンテンツ・モデルが透過であることを意味しています。

このタイプの要素では、親要素のコンテンツ・モデルをそのまま継承することになります。

例えば、p要素の中にa要素(トランスペアレント要素)を入れた場合、このa要素に含められる内容はフレージング・コンテンツのみとなります。(p要素のコンテンツ・モデルがフレージング・コンテンツのため)

 
 

スポンサーリンク

トランスペアレントに属する要素

以下が、トランスペアレントに分類される要素です。

 
 

HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








トランスペアレントとは?|HTML5の基本