uタグとは?|テキストをラベル付けしよう

uタグとは?|テキストをラベル付けしよう
博士
今回は、<u>タグを使ってテキストをラベル付けする方法を解説するぞ。
リンゴ
ラベル付け?
一体どんなときに表示するんだろう。
 
 
リンゴ
リンゴ
ブログを書くことが大好きな少年。
世界にたった一つのWordPressテーマを作るため、HTML/CSSについて日々勉強中!
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<u>タグとは

 

<u>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所フレージング・コンテンツが期待される場所
内容フレージング・コンテンツ


 
 
<u>タグは、文章中の分かりにくいテキストや、本来の表記とは違った形で示されている部分を明示する際に使用します。
例えば、中国語の文章における固有名詞を示す場合や、単語のスペルミスを示す場合などに使用します。
 
 

使用例

 
 

表示例

山崎邦正の名字はヤマザキと読まれがちだが、実際の読み方はヤマサキである。

 
 
博士
一般的なブラウザでは、<u>〜</u>で囲んだ部分が下線付きで表示されるぞ。
リンゴ
リンクテキストと間違えないよう注意が必要ですね。
 
 
他と区別したい箇所であっても、強調であれば<em>タグ、キーワードなら<b>タグ、ハイライト表示するなら<mark>タグ、引用元のタイトルなら<cite>タグ、イタリックで表記する部分なら<i>タグを使用するのが適切です。

<u>タグは、このような適切な要素が他にない場合に使用します。
 
 

まとめ

テキストのラベル付けを行う際は、<u>タグを使用します。
 
 

博士
文章中の分かりにくい部分を区別しよう。
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








uタグとは?|テキストをラベル付けしよう