qタグとは?|HTMLで短いテキストを引用する

qタグとは?|HTMLで短いテキストを引用する
リンゴ
他のサイトなどから短いテキストを引用する場合は、<q>タグを使おう!
 
 
リンゴ
リンゴ
ブログを書くことが大好きな少年。
世界にたった一つのWordPressテーマを作るため、HTML/CSSについて日々勉強中!

スポンサーリンク

<q>タグとは

 

<q>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所フレージング・コンテンツが期待される場所
内容フレージング・コンテンツ


 
 
<q>タグは、他の情報源からの引用を表す際に使用するタグです。
引用元のURLはcite属性で指定します。
 
 
リンゴ
<q>は「quotation(引用)」の略です。
 
 
<q>タグは、フレーズ単位(短いテキスト)を引用する際に使用します。
複数のフレーズ(段落単位の長いテキスト)を引用する場合は、<blockquote>タグを使用します。

一般的なブラウザでは、引用部分の前後に引用符(「”」など)が自動的に挿入されるので、<q>〜</q>の中やその前後には引用符を入れないよう注意しましょう。

また、引用は必ず<q>〜</q>で囲む必要はありません。
<q>タグを使わずに、自分で引用符を付けて引用部分を表すことも可能です。
 
 

使用例

 
 

表示例

HTML5 タグ図鑑には、HTML5のタグは全部で108種類と書かれていました。

 
 

まとめ

<q>タグは、他の情報源からの引用を表す際に使用するタグです。
 
 

リンゴ
ルールを守って、短い引用部分はきちんと<q>タグで表そう。
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








qタグとは?|HTMLで短いテキストを引用する