noscriptタグとは?|スクリプトが利用できない環境に対処しよう

noscriptタグとは?|スクリプトが利用できない環境に対処しよう
博士
HTML文書にスクリプトを埋め込む方法がわかったら、スクリプトが実行されない環境への対処方法も知っておこう。
 
 
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<noscript>タグとは

 

<noscript>

対応ブラウザ Internet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類 メタデータ・コンテンツ / フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ
利用場所 head要素の中、またはフレージング・コンテンツが期待される場所(ただし、script要素の入れ子は不可)
内容 スクリプトが無効で、head要素の中にある場合:link要素を0個以上、style要素を0個以上、meta要素を0個以上(順不同)
スクリプトが無効で、head要素の中にない場合:トランスペアレント(ただし、noscript要素の入れ子は不可)
スクリプトが有効の場合:テキスト


 
 
<noscript>タグは、スクリプトが利用できない環境用の表示内容を指定する際に使用するタグです。

ユーザーによっては、JavaScriptなどのスクリプトを無効にしていたり、 スクリプトをサポートしていないブラウザを使用している場合があります。
このようなスクリプトが無効な環境では、noscript要素で指定した内容が表示されます。
スクリプトが有効な環境では、noscript要素の内容は何も表示されません。
 
 

博士
<noscript>タグは、head要素内とbody要素内のどちらにも配置することができるぞ。
 
 
また、XML文書ではnoscript要素を使うことはできませんので注意が必要です。
 
 

使用例

 
 

まとめ

スクリプトが利用できない環境用の表示内容を指定する際は、<noscript>タグを使いましょう。
 
 

HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








noscriptタグとは?|スクリプトが利用できない環境に対処しよう