htmlタグとは?|HTML文書であることを宣言しよう

htmlタグとは?|HTML文書であることを宣言しよう
リンゴ
文書の最初にDOCTYPE宣言は書きましたけど、あとは好きなようにタグを記述していいんですか?
博士
その前に<html>タグを書いて、その文書がHTML文書であることを指定する必要があるんじゃ。
 
 
リンゴ
リンゴ
ブログを書くことが大好きな少年。
世界にたった一つのWordPressテーマを作るため、HTML/CSSについて日々勉強中!
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<html>タグとは

 

<html>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類
利用場所文書のルート要素として
内容最初にhead要素、その次にbody要素

 
 
<html>は、その文書がHTML文書であることを指定するタグです。
HTML文書の最上位に位置する要素(トップレベル要素)で、ルート要素とも呼ばれます。

このタグを記述することで、「ここからHTMLを記述します」または「HTMLを終了します」という宣言をすることができます。

博士
ちなみに、HTMLとは「HyperText Markup Language」の略で、マークアップ言語のひとつなんじゃ。
 
 
<!DOCTYPE html>を除くその他すべての要素は<html>~</html>の中に配置され、これにより見出しや段落、画像の表示、他のページへのリンクなどを指定することができるようになります。

html要素の内部には、head要素body要素を1つずつ、以下の順番で配置することになります。

html要素の内容

html要素の内容

 
 
メモ
html要素にlang属性dir属性を追加することで、文書全体の言語や書字方向を指定することもできます。
 
 

使用例

 
メモ
HTML5では、文書の先頭(html開始タグの前)にDOCTYPE宣言を記述する必要があります。
 
 

lang属性

lang属性で言語を指定することができます。
例えば、以下のように記述することで、html要素の言語(lang)が日本語(ja)であると指定することができます。

 
 
博士
この「ja」の値を「en」に変更すれば、言語が英語に指定されるぞ。
 
 

スポンサーリンク

dir属性

dir属性でテキストの表記方向(書字方向)を指定することができます。
例えば、以下のように記述することで、html要素の書字方向が左から右(ltr)であると指定することができます。

 
 

まとめ

HTML文書を作成するときは、必ず<html>タグを記述して、その文書がHTML文書であるということを指定しましょう。

博士
<html>タグはDOCTYPE宣言のすぐ後に配置しよう。
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








htmlタグとは?|HTML文書であることを宣言しよう