headerタグとは?|HTML文書のヘッダー部分を表そう

headerタグとは?|HTML文書のヘッダー部分を表そう
リンゴ
今回は、<header>タグで文書のヘッダー部分を表す方法を解説します!
 
 
リンゴ
リンゴ
ブログを書くことが大好きな少年。
世界にたった一つのWordPressテーマを作るため、HTML/CSSについて日々勉強中!

スポンサーリンク

<header>タグとは

 

<header>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類フロー・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所フロー・コンテンツが期待される場所
内容フロー・コンテンツ(ただし、header要素やfooter要素を子要素とすることは不可)


 
 
<header>タグは、ページやセクションのヘッダー部分を表す際に使用するタグです。

<header>タグの中には、<h1>〜<h6>タグで表す見出しを使うのが一般的ですが、これは必ずしも必要というわけではありません。

他にも、セクションの目次や検索フォーム、関連するロゴなど、そのセクションの概要やナビゲーションに役立つ内容を入れることができます。
 
 

リンゴ
<head>とは異なるタグなので注意しましょう。
 
 

使用例

 
 

表示例

RiNG OF LIFE

WordPress、YouTube、ニコニコ動画の使い方を解説しています。

 
 

まとめ

ページやセクションのヘッダー部分を表すときは、<header>タグを使います。
 
 

HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








headerタグとは?|HTML文書のヘッダー部分を表そう