headタグとは?|HTML文書の重要情報を記述しよう

headタグとは?|HTML文書の情報を記述しよう
博士
<html>タグを記述したら、次は<head>タグでその文書に関する情報を記述しよう。
 
 
リンゴ
リンゴ
ブログを書くことが大好きな少年。
世界にたった一つのWordPressテーマを作るため、HTML/CSSについて日々勉強中!
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<head>タグとは

 

<head>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類
利用場所html要素の最初の要素として
内容iframe要素のsrcdoc属性で指定された文書で使う場合、またはタイトル情報が上位プロトコルから得られる場合:メタデータ・コンテンツに属する要素を0個以上 / それ以外の場合:メタデータ・コンテンツを1個以上(title要素は必須)


 
 
<head>は、HTML文書のヘッダ部分を指定するタグです。

HTML文書では必ず必要になり、<head>~</head>には<title>(文書タイトル)、<base>(基準URL)、<link>(リンク情報)、<meta>(メタデータ)など、その文書に関する情報を記述します。

博士
head要素は「そのHTML文書に関するメタデータを集めたもの」で、極めて重要度の高い要素なんじゃ。
 
 
<title>~</title>タグで指定する文書タイトル以外のほとんどの情報は、ブラウザの画面上には表示されず、ソースコードを確認しなければ参照できません。

head要素は、html要素の直下に1つだけ配置します。

html要素の内容

html要素の内容

 
 
リンゴ
<html>タグのあと、<body>タグの前に書こう。
 
 

head要素の内容に関して

基本的に、head要素内にはtitle要素を配置しなければなりません。

例外として以下の場合に限り、title要素を省略することができます。

  • iframe要素のsrcdoc属性に記述された文書の場合
  • HTMLメールとして作成された文書で、メールそのものに件名が指定されている場合

 
これ以外ではtitle要素の配置が必須となります。
 
 

使用例

 
 

スポンサーリンク

まとめ

<head>タグは、HTML文書のヘッダ部分を指定するタグです。
ヘッダには、検索エンジン向けのキーワードや説明文、文書タイトルなど、その文書に関するさまざまな情報を記述します。

リンゴ
キーワードの設定なんかは特に重要ですね!
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








headタグとは?|HTML文書の情報を記述しよう