footerタグとは?|HTML文書のフッター部分を表そう

footerタグとは?|HTML文書のフッター部分を表そう
博士
今回は、<footer>タグを使ってページのフッター部分を表す方法を解説するぞ。
 
 
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<footer>タグとは

 

<footer>

対応ブラウザ Internet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類 フロー・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フロー・コンテンツが期待される場所
内容 フロー・コンテンツ(ただし、header要素やfooter要素を子要素とすることは不可)


 
 
<footer>タグは、ページやセクションのフッター部分を表す際に使用するタグです。

フッターには主に、そのページやセクションの著者についての情報、関連ページへのリンク、著作権などの情報が含まれます。

footer要素はページやセクションの最後に配置されるのが一般的ですが、配置位置についての決まりはなく、ページやセクションの最初や途中で使っても問題ありません。
また、必要に応じ、1つのセクションの中に複数のfooter要素を入れることもできます。

なお、footer要素はセクショニング・コンテンツではないため、新しいセクションは生成しません。
 
 

使用例

 
 

表示例


 
 

まとめ

ページやセクションのフッター部分は、<footer>タグを使って表します。
 
 

博士
<header>タグと合わせて覚えておくといいぞ。
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








footerタグとは?|HTML文書のフッター部分を表そう