dataタグとは?|コンピューター向けのデータを指定する

dataタグとは?|コンピューター向けのデータを指定する
博士
<data>タグを使えば、テキストなどにコンピューター向けのデータを指定することができるぞ。
 
 
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<data>タグとは

 

<data>

対応ブラウザ
分類フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所フレージング・コンテンツが期待される場所
内容フレージング・コンテンツ


 
 
<data>タグは、その範囲のテキストなどに対して、コンピューター可読データを追加したい場合に使用するタグです。
<data>タグを使うことで、ブラウザ上に表示される内容とは別に、データ処理用の値を持たせることができます。
 
 

value属性

value属性の値は、そのデータを処理する側(スクリプトなど)が求める形式で記述する必要があります。

例えば以下の場合、ブラウザ上では一万円と表示されますが、データを処理する側には10000という値を送ることが可能になります。

 
 

スポンサーリンク

使用例

 
 

表示例

HTML5 タグ図鑑

 
 

まとめ

コンピューター可読データを指定する際は、<data>タグを使用します。
 
 

HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








dataタグとは?|コンピューター向けのデータを指定する