addressタグとは?|サイトやコンテンツに関する連絡先情報を表そう

addressタグとは?|サイトやコンテンツに関する連絡先情報を表そう
博士
今回は、<address>タグを使ってサイトの連絡先情報を表す方法を解説するぞ。
 
 
博士
博士
リンゴが師と仰ぐ人物。
毎日HTML/CSSデザインの研究をしており、その知識を余すことなくリンゴに教えてくれる。

スポンサーリンク

<address>タグとは

 

<address>

対応ブラウザInternet Explorer / Firefox / Google Chrome / Safari / Opera
分類フロー・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所フロー・コンテンツが期待される場所
内容フロー・コンテンツ(ただし、ヘッディング・コンテンツ、セクショニング・コンテンツ、およびheader要素、footer要素、address要素を子要素とすることは不可)


 
 
<address>タグは、サイトやコンテンツに関する連絡先を表す際に使用するタグです。

address要素は使う場所によって意味が異なります。
article要素の中に配置されている場合は、そのarticle要素の内容の管理者や著者への連絡先、それ以外の場合はサイト全体の管理者や著者への連絡先を表すことになります。

address要素の内容に含むことができるのは、サイトやコンテンツに関する連絡先情報のみです。
具体的には、以下のような内容を配置することができます。

  • 管理者・著者の名前やメールアドレス、電話番号など
  • 管理者・著者の連絡先が記載されたページへのリンク
  • 管理者・著者に送信可能な問い合わせフォームへのリンク

 
 

博士
単に住所などを記載したいときはp要素で表そう。
 
 

使用例

 
 

表示例

 
 
博士
一般的なブラウザでは、<address>〜</address>内のテキストはイタリック体で表示されるぞ。
 
 

まとめ

サイトやコンテンツに関する連絡先は<address>タグで表します。
 
 

博士
連絡先情報以外の内容は含めないように注意しよう。
 
 
HTML5 タグ図鑑

HTML5タグ全種類を図鑑としてまとめています。タグの意味や使い方でわからないことがあれば、ぜひこのページをご活用ください。

HTML5 タグ図鑑へ

 
HTML5 タグ図鑑

スポンサーリンク








addressタグとは?|サイトやコンテンツに関する連絡先情報を表そう