事前に確認しておきたいWordPressを安全に更新する方法

事前に確認しておきたいWordPressを安全に更新する方法

WordPressは現在もバージョンアップされ続けており、度々細かいバグの修正やセキュリティの改善、新しい機能の追加などが行われています。

そのため、WordPressの新しいバージョンアップがあった場合は、きちんと更新しておくように習慣付けておきましょう。

しかし、WordPressを最新バージョンに更新すると、ごくまれに機能の一部が使えなくなったり、サイトに何も表示されなくなったりといった不具合も発生してしまいます。

今回は、これらの不具合に注意して安全にWordPressを更新する方法を解説しますので、更新前にぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

WordPressを安全に更新する方法

WordPressにログインした時、WordPressの新しいバージョンが公開されていると、管理画面上に以下のような表示がされます。

WordPress更新表示
 
 
ここで、すぐに更新作業に移りがちなんですが、更新前に以下2つの作業を行うようにしましょう。

  • WordPressのバックアップをとる
  • プラグインを全て停止する

 
 
それでは、それぞれの作業について解説していきます。
 
 

WordPressのバックアップをとる

更新後に不具合が生じた場合、きちんとバックアップをとっておけば、すぐに更新前の状態に復元することができます。

WordPressのバックアップ方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:WordPressのバックアップ方法
 
 

プラグインを全て停止する

更新前に、有効化しているプラグインを全て停止しておきましょう。

WordPress管理画面左メニューの『プラグイン』をクリックし、インストールしているプラグインの一覧画面を表示します。

プラグインの一覧画面
 
 
有効化しているプラグインを全て選択し、「一括操作」の中の『停止』を選択。
さらに『適用』ボタンをクリックして、プラグインを停止しましょう。

『停止』を選択
 
 

WordPressを更新する

WordPressのバックアップとプラグインの停止が完了したら、WordPressの更新作業へ移ります。

管理画面上部に表示されている『更新してください』をクリックしましょう。

『更新してください』をクリック
 
 
WordPressの更新ページが開きます。
今すぐ更新』ボタンをクリックしましょう。

『今すぐ更新』ボタンをクリック
 
 
これで、WordPressが更新されます。
 
 

停止したプラグインを有効化

無事WordPressが更新されたら、停止していたプラグインを再度有効化することを忘れないようにしましょう。

プラグイン一覧画面に行き、有効化したいプラグインを選択します。
「一括操作」で『有効化』を選択し、『適用』ボタンをクリックしましょう。

『有効化』を選択
 
 
ほとんどのプラグインは停止前の設定が保存されているので問題はありませんが、念のため停止前と有効化後の設定に変化がないか確認しておきましょう。
 
 

まとめ

今回は、WordPressを安全に更新する方法を解説しました。

あまり深く考えずに更新してしまいがちですが、サイトが表示されないなどの最悪の事態になっても大丈夫なように、今回解説した手順を踏んで万が一の不具合にもしっかり備えて更新するようにしましょう。
 
 

スポンサーリンク








事前に確認しておきたいWordPressを安全に更新する方法