アクセスアップが期待できる!WordPress ピンバックの設定方法

WordPress ピンバックの設定方法

今回は、WordPressの特有機能である「ピンバック」の設定方法を解説します。

ピンバックとは、サイトにリンクを貼ったときに、自動的にリンク先のサイトに「あなたのサイトのリンクを貼りましたよ」と通知する機能のことで、相手サイトの管理者がこのピンバックを承認してあなたの記事リンクが表示されれば、そのリンクからのアクセスも期待できるようになります。

些細なことかもしれませんが、より多くの読者を獲得するためにも、しっかりと設定しておきましょう。
 
 

スポンサーリンク

ピンバックの設定方法

ピンバックの設定は、今後新しく作成する記事に設定する方法と、既存の記事に設定する方法の2種類があります。
それぞれの方法を解説していきますので、一緒に作業を進めてみてください。
 
 

新しく作成する記事にピンバックを設定

WordPress管理画面左メニューから『設定ディスカッション』という順にクリックして進みます。

『設定→ディスカッション』という順にクリック
 
 
ディスカッション設定画面が開きます。
ここでは、以下の赤枠部分の項目を設定していきます。

ディスカッション設定画面
 
 

投稿のデフォルト設定

ピンバックを送信したり、通知を受け付けたりする設定をすることができます。
以下の通りにチェックを入れましょう。

投稿のデフォルト設定画面
 
 

  • この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる
    チェックを入れると、記事を公開する度にコンテンツ内のURLを自動検知して、相手サイトの管理者へピンバックを送信するようになります。
  •  

  • 新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける
    チェックを入れると、相手からのピンバック通知を受け付けるようになります。

 
 

自分宛のメール通知

相手からピンバックの通知が来た時のメール設定ができます。
以下の項目にチェックを入れましょう。

自分宛のメール通知設定画面
 
 

  • コメントがモデレーションのために保留されたとき
    チェックを入れると、ピンバック通知をメールで知らせてくれるようになります。

    モデレーションとは、サイト管理者がピンバックの通知内容を確認して、承認するかゴミ箱に移動するかを判断することです。

    もしメール通知が頻繁でわずらわしいと感じる方はチェックを外しましょう。
    ただし、ピンバックだけではなくコメントやトラックバックのメールも来なくなるので注意が必要です。

 
 
設定が完了したら、ページ下部の『変更を保存』ボタンをクリックしましょう。

『変更を保存』ボタンをクリック
 
 

既存の記事にピンバックを設定

WordPress管理画面左メニューから『投稿投稿一覧』という順にクリックして進みます。

『投稿→投稿一覧』という順にクリック
 
 
投稿一覧が表示されます。
ピンバックを設定したい記事にマウスを合わせ、表示された『クイック編集』をクリックしましょう。

『クイック編集』をクリック
 
 
クイック編集メニューが開きます。
右の方にある『トラックバック/ピンバックを許可』にチェックを入れ、『更新』ボタンをクリックしましょう。

クイック編集メニュー
 
 
これで、記事のピンバック設定が完了しました。
 
 

複数の記事を一括でピンバック設定

投稿一覧の一括操作機能を使えば、複数の記事を一括でピンバック設定することができます。

投稿一覧でピンバックを設定したい記事を複数選択し、一括操作の『編集』を選択。
次に、『適用』ボタンをクリックしましょう。

一括操作の『編集』を選択
 
 
一括編集のメニューが表示されます。
右の方の「トラックバック/ピンバック」で『許可する』を選択し、『更新』ボタンをクリックします。

一括編集のメニュー
 
 
これで、複数の記事を一括でピンバック設定することができます。
 
 

まとめ

今回は、WordPressの特有機能「ピンバック」の設定方法を解説しました。

ピンバックをきちんと設定しておくことで、承認したサイトからのアクセスが期待できるほか、サイト管理者同士で気軽にコミュニケーションをとることもできます。

設定も難しくないので、早めに設定しておくことをオススメします。
 
 

スポンサーリンク








WordPress ピンバックの設定方法