30種類以上の便利機能がこれ一つで!プラグインJetpack by WordPress.comの設定方法

WordPressを利用する上で、おすすめのプラグインの一つに「Jetpack by WordPress.com」があります。

Jetpack(ジェットパック)はWordPressが公式に配布している高機能プラグインで、これ一つをインストールすれば、サイトのアクセス解析やソーシャルメディアとの連携など、30種類以上のありとあらゆる便利機能を利用できるようになります。

今回は、Jetpackのインストールと、導入後の初期設定として「Photon」機能「パブリサイズ」機能の設定を行っていきますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

「Jetpack by WordPress.com」をインストール

Jetpackをインストールします。
まず、WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「Jetpack by WordPress.com」と検索します。

するとJetpack by WordPress.comのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

Jetpackの設定

Jetpackをインストールしたら、管理画面の左メニューに『Jetpack』という項目が加わっているので、これをクリックします。

『Jetpack』をクリック
 
 
Jetpackと連携』ボタンをクリック。

『Jetpackと連携』ボタンをクリック
 
 
以下のようなページが開きます。
ここでは、WordPress.comのアカウントを持っている場合と持っていない場合で進め方が違いますので、それぞれの方法で進めてみてください。

WordPress.com アカウント承認画面
 
 

WordPress.comのアカウントを持っている場合

アカウントを持っている場合は、WordPress.comの「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、『承認する』ボタンをクリックします。

『承認する』ボタンをクリック
 
 

WordPress.comのアカウントを持っていない場合

アカウントをお持ちでない方は、『アカウントが必要ですか?』をクリックします。

『アカウントが必要ですか?』をクリック
 
 
ユーザー情報入力画面が開きますので、上から「メールアドレス」、「ユーザー名」、
「パスワード」を入力してください。

「メールアドレス」、「ユーザー名」、「パスワード」を入力
 
 
情報を入力すると、『Sign Up Connect Jetpack』というボタンが出てきますので、これをクリックします。

『Sign Up Connect Jetpack』をクリック
 
 
アカウントが作成されました。
再度、設定したユーザー名とパスワードを入力し、『Log In』ボタンをクリックします。

『Log In』ボタンをクリック
 
 
無事ログインできました。
Approve』ボタンを押して、Jetpackとの連携を承認しましょう。

『Approve』ボタンを押す
 
 
これで、Jetpackとの連携が完了しました。
 
 

スポンサーリンク

Photonの設定

Photon機能の設定を行います。
あまり聞かない名前だとは思いますが、Photonはサイトを高速化させる非常に重要な機能です。

まず初めに、管理画面左メニューから『Jetpack設定』という順にクリックします。

『Jetpack→設定』という順にクリック
 
 
画面上部の『Appearance』タブをクリック。

『Appearance』タブをクリック
 
 
上から二番目に『Photon』という機能があると思うので、こちらの右のボタンをクリックし機能を有効化します。

右のボタンをクリックし機能を有効化
 
 
Photonの設定は以上です。
 
 

パブリサイズ機能の設定

次に、「パブリサイズ」機能の設定を行います。
パブリサイズは、FacebookやTwitterなどの主要なソーシャルメディアと連携する機能で、記事を公開すると自動で連携したソーシャルメディア上に公開情報を共有します。

まず、『Engagement』のタブをクリックしましょう。

『Engagement』のタブをクリック
 
 
パブリサイズ』機能を有効化します。
有効化したら、右にある矢印ボタンをクリックし、表示された
Configure your パブリサイズ Settings』をクリックします。

『Configure your パブリサイズ Settings』をクリック
 
 
共有設定の画面が開きます。
今回は、Facebook、Twitter、Google+との連携設定を行っていきます。
 
 

Facebookと連携

Facebookとの連携設定を行います。
まず[Facebook]の『連携』をクリックします。

『連携』をクリック
 
 
このようなウィンドウが開きますので、『OK』ボタンをクリックします。

『OK』ボタンをクリック
 
 
次に、投稿をシェアしたい相手の設定を行います。
公開』を選択して、『OK』ボタンをクリックしましょう。

『OK』ボタンをクリック
 
 
「WordPressがFacebookページの管理を求めています。」というウィンドウが表示されますので、『OK』ボタンをクリックします。

『OK』ボタンをクリック
 
 
[Facebookページでパブリサイズ共有]の方に表示されているアカウントを選択し、
OK』ボタンをクリックします。

『OK』ボタンをクリック
 
 
これでFacebookとの連携が完了しました。
 
 

Twitterと連携

[Twitter]の『連携』ボタンをクリックします。

『連携』ボタンをクリック
 
 
「WordPress.comにアカウントの利用を許可しますか?」というページが開きますので、
連携アプリを認証』ボタンをクリックしましょう。

『連携』ボタンをクリック
 
 
「〜連携を利用できるようにしますか?」というウィンドウが表示されますので、
OK』をクリックします。

『OK』をクリック
 
 
Twitterとの連携が完了しました。
 
 

Google+と連携

Google+との連携設定を行います。
[Google+]の『連携』ボタンをクリックしましょう。

『連携』ボタンをクリック
 
 
許可のリクエスト画面が表示されます。
問題がなければ下部の『許可』ボタンをクリックしましょう。

『許可』ボタンをクリック
 
 
「〜連携を利用できるようにしますか?」というウィンドウが表示されますので、
OK』をクリックします。

『OK』をクリック
 
 
これでGoogle+との連携が完了しました。
 
 
全ての設定が完了したら、プラグイン設定画面下部の『変更を保存』をクリックしましょう。

『変更を保存』をクリック
 
 

スポンサーリンク

パブリサイズ機能の使い方

それでは、実際に記事投稿でパブリサイズ機能を使ってみましょう。

まず、管理画面左メニューから『投稿新規追加』と進み、いつも通りに記事を作成しましょう。

[公開]メニューを見ると、[パブリサイズ共有]という項目が追加されているのが分かります。
詳細を編集』をクリックしましょう。

『詳細を編集』をクリック
 
 
チェックボックスとカスタムメッセージが表示されます。

チェックボックスとカスタムメッセージが表示される
 
 
先ほど連携設定したソーシャルサービスのチェックボックスが表示され、チェックを入れると、
記事を公開した際にチェックを入れたソーシャルサービス上で公開情報が共有されます。

ソーシャルサービスのチェックボックスが表示される
 
 
[カスタムメッセージ]にテキストを入力すると、記事を公開した際に入力したテキストがメッセージとして共有されます。

入力したテキストがメッセージとして共有される
 
 
記事も完成し、[パブリサイズ共有]の設定もすべて完了したら、『公開』ボタンをクリックし記事をアップします。
 
 
公開と同時に、連携したソーシャルサービスで公開情報が共有されました。
[カスタムメッセージ]に記入したテキストと、記事ページのURLが表示されます。

記入したテキストと、記事ページのURLが表示される
 
 
今回の設定は以上となります。
お疲れ様でした。
 
 

まとめ

今回は、多くの便利機能がまとめてインストールできる高機能プラグイン
「Jetpack by WordPress.com」の設定方法を解説しました。

今回設定したのはほんの一部で、この他にもたくさんの便利機能がありますので、気になった機能は積極的に使ってみてください。
 
 

スポンサーリンク