EWWW Image Optimizerで画像を劣化させずに圧縮してサイトを高速化する方法

ブログサイトを運営するにあたって、画像を用いたコンテンツの作成はとても大切です。

それぞれの記事に魅力的なアイキャッチを設ければ、それだけでユーザーの読みたいという興味を惹くことができますし、解説記事などで画像を用いて説明すれば、ユーザーに見やすく分かりやすい記事を提供することができます。

ブログの成功を目指すうえでも、画像の活用は非常に大事になってくるわけですが、画像ファイルにはサイトの表示速度を低下させるという欠点もあります。
サイトの表示速度が遅いと、ユーザビリティが下がり離脱率も高くなってしまうため、この欠点はどうにかして補いたいものです。

そこで、活用したいのがプラグイン「EWWW Image Optimizer」です。

EWWW Image Optimizerは、WordPressにアップロードした画像ファイルを自動で圧縮してくれるプラグインで、過去にアップロードした画像ファイルも一括で圧縮することができます。

サイトのユーザビリティを向上させるだけでなく、サイト管理者の作業効率も高めてくれる優れものですので、ぜひインストールしておきましょう!
 
 

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerのインストール

まず、EWWW Image Optimizerをインストールしましょう。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「EWWW Image Optimizer」と検索します。

するとEWWW Image Optimizerのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

EWWW Image Optimizerの設定

プラグインをインストールすると、管理画面左メニューの『設定』の中に
EWWW Image Optimizer』という項目が追加されますので、
これをクリックして「EWWW Image Optimizer」のページを開きます。

『EWWW Image Optimizer』をクリック
 
 
ここでは、以下3つの項目を設定することができます。

  1. Basic Settings
  2. Advanced Settings
  3. Conversion Settings

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

1.Basic Settings

一般設定を行います。[Remove metadata]にチェックを入れましょう。

[Remove metadata]にチェックを入れる

こうすることで、画像ファイルに画像名やテキストなどの不要なメタデータがくっついていた場合、自動的に削除し画像サイズをより圧縮してくれるようになります。
その他の項目は、特にいじらなくても大丈夫です。
 
 

2.Advanced Settings

ここでは、圧縮設定を行います。[disable pngout]にチェックを入れましょう。

[disable pngout]にチェックを入れる [optipng optimization level]では、PNGデータを再圧縮する回数を設定することができます。

level1~level5までの5段階から選択することができますが、ここを増やしても特にファイルサイズの大きな圧縮はなく、
圧縮時間が長くなるだけですので、ここはデフォルトの『level 2: 8 trials』のままで大丈夫です。

その他の項目も、特に設定は必要ありません。
 
 

3.Conversion Settings

画像変換設定を行います。ここでは[Hide Conversion Links]にチェックを入れましょう。
こうすることで、EWWW Image Optimizerにデフォルトで備わっている、jpgをpngに、pngをjpgにというように自動変換する機能を停止することができます。

画像変換設定画面

この機能を有効にしていると、勝手にファイルが変換され画質が落ちてしまうこともあるので、チェックを入れて機能を停止しておくのをオススメします。

他の項目は、[Hide Conversion Links]にチェックを入れている場合に必要な設定項目ですので、特にいじらなくてもOKです。
 
 
初期設定は以上になります。
最後に、ページ下部の『Save Changes』ボタンをクリックして設定を保存しておきましょう。

『Save Changes』ボタンをクリック
 
 

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerの使い方

設定も完了したところで、早速EWWW Image Optimizerの使い方を解説していこうと思います。

ここでは、以下3つの使い方を解説します。

  1. 新規画像の圧縮
  2. 既存画像の一括圧縮
  3. テーマに組み込まれている画像の圧縮

 
 

1.新規画像の圧縮

EWWW Image Optimizerはインストールするだけで、それ以降は自動でアップロードした画像を圧縮してくれるようになります。

管理画面左メニューから『メディアライブラリ』という順に進み、メディアライブラリを一覧表示に切り替えてみましょう。

『メディア→ライブラリ』という順にクリック
 
 
こちらの画面で画像の圧縮率を確認することができます。
[Reduced by ○○%」というところで、どれくらいファイルサイズが圧縮されたのかが分かります。

画像の圧縮率

この場合だと、オリジナルのファイルサイズが46.1%圧縮されていますね。
 
 

2.既存画像の一括圧縮

EWWW Image Optimizerは、過去に保存・アップロードした画像をまとめて圧縮することができます。

管理画面左メニューから『メディアBulk Optimize』という順にクリックして、
「Bulk Optimize」のページを開きましょう。

『メディア→Bulk Optimize』という順にクリック
 
 
圧縮されていない画像を検出し、一括圧縮をかけます。『Start optimizing』をクリックしましょう。

『Start optimizing』をクリック
 
 
既存画像とアイキャッチの一括圧縮が開始されます。
ページ上部に「Finished」と表示されれば完了です。

圧縮画面
 
 

3.テーマに組み込まれている画像の圧縮

WordPressのテーマによっては、テーマ内に多数の画像を使用しているものもあります。それらの画像を圧縮したい時にこちらの機能を使います。

まず、「Bulk Optimize」のページを開き、『Scan and optimize』ボタンをクリックしましょう。

『Scan and optimize』ボタンをクリック

これだけで、後は自動でテーマ内の画像の圧縮を行ってくれます。
こちらも、ページ上部に「Finished」と表示されれば完了です。
 
 

まとめ

今回は、WordPressにアップロードした画像ファイルを自動で圧縮してくれるプラグイン
「EWWW Image Optimizer」の設定方法と、基本的な使い方を解説しました。

画像を用いたコンテンツの作成は、記事の分かりやすさや情報量を増やすためにも非常に大切な作業です。
長くWordPressでブログを運営していると、どうしても画像ファイル数が増え、サイトの表示速度にも影響が出てしまいます。

しかし、EWWW Image Optimizerを使えば、そんな問題も素早く簡単に改善することができます。
画像を圧縮し、サイトを高速化できればユーザビリティやSEOの向上にもつながりますので、サイトで多く画像を扱っている方、また、最近サイトが重くなったなと感じる方は、ぜひインストールして使ってみてください。
 
 

スポンサーリンク