プラグイン「Contact Form 7」で確認用メールアドレスの項目を設置する方法

プラグイン「Contact Form 7」で確認用メールアドレスの項目を設置する方法

WordPressでつくったサイトにお問い合わせフォームを設置する際、よく利用されているのがプラグイン「Contact Form 7」です。

お問い合わせフォームとしては、Contact Form 7のデフォルト機能で十分OKなのですが、唯一難点を挙げるとすれば「確認用メールアドレス」の項目が設置できないというところでした。

ユーザーが間違ったメールアドレスを送ってきた場合、もちろんそのユーザーにはこちらから返信できませんし、これがお仕事の依頼などだった場合は、大きな機会損失にもなってしまいます。

そこで、そんなもったいないことを防ぐためにも、お問い合わせフォームに「確認用メールアドレス」の項目を追加して、ユーザーにメールアドレスを二重チェックしてもらうように設定しましょう。

今回は、プラグイン「Contact Form 7」でつくったお問い合わせフォームに「確認用メールアドレス」の項目を追加する方法を解説しますので、お悩みの方は一緒に作業を進めてみてください。

 
 

スポンサーリンク

プラグインのファイルにコードを追加

きちんとバックアップをとったら、早速作業に移っていきたいと思います。

まず、以下のコードを全てコピーしてください。

 
 
次に、WordPressの管理画面左メニューから『プラグインインストール済みプラグイン』という順にクリックして進みます。

『プラグイン→インストール済みプラグイン』という順にクリック
 
 
プラグインの一覧画面が開きますので、この中にある「Contact Form 7」の『編集』をクリックします。

『編集』をクリック
 
 
以下のような画面が開きますので、画面右の[プラグインファイル]の中から、
「contact-form-7/includes/functions.php」というファイルを見つけます。

contact form 7編集画面

「Ctrl」+「F」キーを押して、画面内で「functions」と検索するとすぐに見つかります。

 
 
ファイルを見つけたら、テキストをクリックします。

テキストをクリック
 
 
ファイルの編集画面が開きます。
ファイルを下までスクロールし、一番下の空いているスペースに先ほどコピーしたコードを貼り付けましょう。

コピーしたコードを貼り付け
 
 
コードを貼り付けたら、『ファイルを更新』ボタンをクリックします。
 
 

スポンサーリンク

確認用メールアドレスの項目をお問い合わせフォームに追加

まず、以下のコードをコピーしてください。

 
 
次に、WordPressの管理画面左メニューから『お問い合わせ新規追加』という順にクリックして進みます。

『お問い合わせ→新規追加』という順にクリック
 
 
すでにある「メールアドレス」の項目の下に、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

コピーしたコードを貼り付け
 
 
あとは、以下の記事を参考にして、作成したお問い合わせフォームを固定ページなどに設置すればOKです。

参考記事:お問い合わせフォームを作成する方法
 
 
ちなみに、今回は以下のような感じで作成できました。

お問い合わせフォーム
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「Contact Form 7」のファイルを編集して、お問い合わせフォームに「確認用メールアドレス」の項目を追加する方法を解説しました。

せっかくお仕事の依頼があったのに、ユーザーがメールアドレスを誤入力してしまったがために連絡が取れない、なんてことになると非常にもったいないですよね。

そんな機会損失を防ぐためにも、「確認用メールアドレス」の項目を設置して、ユーザーに改めてメールアドレスをチェックしてもらうように設定しておくことをオススメします。
 
 

スポンサーリンク








プラグイン「Contact Form 7」で確認用メールアドレスの項目を設置する方法