Broken Link CheckerでWordPressブログのリンク切れを自動チェックする方法

Broken Link CheckerでWordPressブログのリンク切れを自動チェックする方法

ブログを長く運営していると参考にするサイトなども増えていき、その分ブログ内に外部サイトへのリンクを記載することも増えていきます。

リンク先のサイトが未来永劫続くようなサイトであれば問題は無いのですが、中には閉鎖して見れなくなってしまうサイトももちろん出てきます。

そうなってしまうと、ブログがリンク切れを起こしてしまい、ユーザビリティが低下しユーザーに不快な想いをさせてしまうだけでなく、SEO的にもあまり良くない状態になってしまいます。

そういった状態になるのを防ぐためにも、WordPressプラグイン「Broken Link Checker」をインストールしておきましょう。

Broken Link Checkerは、ブログ内のリンクを自動で一括チェックし、リンク切れがあれば通知してくれる便利プラグインで、これを活用すればブログ内のリンクエラーの修正が容易にできるようになります。

ブログの状態を良好に保つためにも重要な役割を担ってくれるプラグインですので、まだインストールしていない方はぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

Broken Link Checkerをインストール

まず、Broken Link Checkerをインストールします。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「Broken Link Checker」と検索します。

するとBroken Link Checkerのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

Broken Link Checkerの設定

Broken Link Checkerは、インストールして有効化するだけで十分OKなのですが、一応設定方法について解説しておきます。

WordPress管理画面左メニューから『設定リンクチェッカー』という順にクリックして進みましょう。

『設定→リンクチェッカー』という順にクリック
 
 
「Broken Link Checker のオプション」というページが開きます。

Broken Link Checker のオプション
 
 
ここでは、以下の項目を設定することができます。

  • 一般設定
  • リンクを探す範囲を指定
  • チェックするリンクの種類を指定
  • プロトコル&API設定
  • 高度な設定

 
 
それでは、一つ一つ解説していきます。
 
 

一般設定

一般』タブをクリックして、設定画面を開きます。

一般設定画面
 
 
一般設定では、主に以下の項目を設定できます。

  • ステータス
    現在のブログ内のリンクの状態が表示されています。
  •  

  • 各リンクをチェック
    リンクを何時間ごとにチェックするか設定できます。
  •  

  • メールで通知
    「新たに検出されたリンクエラー」と「投稿内のリンクエラー」について、メール通知を受け取るかどうか設定できます。
  •  

  • 通知メールアドレス
    通知されるメールアドレスを設定します。
    WordPressの『設定一般』で指定したメールアドレスを使う場合は、空白のままにしておきましょう。
  •  

  • リンクの調整
    デフォルトではリンク切れが見つかった場合、自動で打ち消し線が入るように設定されています。
    他のスタイルを設定したい場合は、『CSSを編集』をクリックして設定したいスタイルを記述しましょう。

 
 

リンクを探す範囲を指定

含まれるリンクを探す』タブをクリックします。

ここでは、「ページの種類」と「投稿のステータス」で、リンクをチェックする対象を指定することができます。

リンクを探す範囲を指定
 
 

チェックするリンクの種類を指定

チェックするリンクの種類』タブをクリックします。

ここでは、チェックするリンクの種類を指定することができます。

チェックするリンクの種類を指定
 
 

プロトコル&API設定

プロトコル&API』タブをクリックします。

プロトコル&API設定画面
 
 
こちらは、基本的にデフォルトのままで大丈夫です。
 
 

高度な設定

高度な設定』タブをクリックします。

高度な設定画面
 
 
こちらも基本的にデフォルトのままで大丈夫ですが、サーバー負荷の調整などをしたい場合は自分好みに設定してみてください。
 
 
設定が全て完了したら、ページ下部の『変更を保存』ボタンをクリックします。

ページ下部の『変更を保存』ボタンをクリック
 
 

スポンサーリンク

Broken Link Checkerの使い方

プラグインをインストールすると、ダッシュボード上に「Broken Link Checker」のボックスが追加され、ブログ内のリンクの状態が表示されるようになります。

現在5件のリンクエラーが検出されている
 
 
ちなみに、現在5件のリンクエラーが検出されています。
 
 

リンクエラーをチェック

WordPress管理画面左メニューから『ツールリンクエラー』という順にクリックして進みます。

『ツール→リンクエラー』という順にクリック
 
 
リンクエラーのチェック画面に切り替わります。
ここでは、リンクエラーを一覧表示して確認することができます。

リンクエラーのチェック画面
 
 

リンクエラーの修正

表示されているリンクエラーにマウスを合わせると、以下のようなメニューが表示されます。

編集メニュー
 
 
ここでは、以下のような設定ができます。

  • URLの編集
  • リンクの削除
  • リンクエラー一覧から削除
  • リンクエラーを無視

 
 

URLの編集

URLを編集』をクリックすると、リンクの編集画面に切り替わります。
URLを修正したら、『更新』ボタンをクリックしましょう。

URLの編集画面
 
 
これで、リンクエラーとして検出されたリンクが修正されます。
 
 

リンクの削除

リンク解除』をクリックすると、設定されているリンクが記事から削除されます。
 
 

リンクエラー一覧から削除

リンクエラーではない』をクリックすると、リンクエラーとして検出されていたリンクがリンクエラー一覧から削除されます。
 
 

リンクエラーを無視

無視』をクリックすると、リンクのステータスがリンクエラーから「無視」に変更されます。
 
 

まとめ

今回は、プラグイン「Broken Link Checker」を使って、ブログ内のリンク切れを一括チェックする方法を解説しました。

Broken Link Checkerでは、リンク切れのチェック方法を詳細に設定することができますが、基本的にインストールして有効化するだけで十分その役目を果たしてくれます。

また、リンク切れを見つけた場合も非常に簡単に修正することができますので、ブログの状態を良好に保つためにも、ぜひインストールしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク








Broken Link CheckerでWordPressブログのリンク切れを自動チェックする方法