プラグインBackWPupでWordPressのデータを自動バックアップする方法

プラグインBackWPupでWordPressのデータを自動バックアップする方法

ブログを運営していくうえで、バックアップを取ることは非常に大切です。

バックアップを取っていれば、何らかの不具合でデータが飛んでしまってもすぐに復元することができますし、サーバーの移管時などでもデータのバックアップ作業は必要不可欠となります。

あなたの「資産」であるブログを万が一のリスクから守るためにも、きちんとバックアップを取るようにしておきましょう。

WordPressでブログを運営しているなら、ぜひ活用してもらいたいのが
プラグイン「BackWPup」です。

BackWPupを使えば、WordPressをインターネット上で表示させるために必要なデータファイルを自動で定期的に保存・バックアップすることができます。

今回は、BackWPupを使った自動・手動2種類のWordPressのバックアップ方法を解説しますので、WordPressのバックアップを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。
 
 

スポンサーリンク

WordPressのバックアップの仕組み

WordPressのバックアップでは、以下の2つのデータのバックアップを取る必要があります。

  • サーバー上のデータ
    画像ファイル、テーマ、プラグインなどの記事以外のファイル。
  •  

  • データベース上のデータ
    記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定情報など。

 
WordPressのページは「動的ページ」と呼ばれ、それぞれのコンテンツが固定されたファイルではなく、ユーザーがページにアクセスするたびに上記2つのデータを組み合わせてページを作る仕組みになっているため、必ずサーバー上のデータとデータベース上のデータ、どちらもバックアップしないといけません。
 
 

BackWPupのインストール

それでは早速、WordPressの自動バックアップ設定に移ります。

まず、BackWPupをインストールしましょう。

WordPressの管理画面から『プラグイン新規追加』という順にクリックして進み、
プラグイン検索ページで「BackWPup」と検索します。

するとBackWPupのプラグインがヒットしますので、
これを『今すぐインストール』し、有効化すればOKです。

プラグインのインストール方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:プラグインのインストール方法
 
 

スポンサーリンク

サーバー上のデータの自動バックアップ設定

プラグインをインストールすると、管理画面左メニューに『BackWPup』という項目が追加されているので、これにカーソルを合わせ、さらに表示された『新規ジョブを追加』をクリックします。

BackWPupの設定では、「ジョブ」という言葉がよく出てきますが、これはバックアップする際に必要なあらゆる設定を一つにまとめた「設定プラン」のようなものだと考えてください。

 
 
『新規ジョブを追加』をクリック
 
 

一般設定

新規ジョブの設定画面が開きました。
一般』設定から順番に設定していきますので、一緒に作業を進めてみてください。

『一般』設定から順番に設定していきます
 
 

  • このジョブの名前
    サーバー上のデータのバックアップだということが分かりやすいファイル名を付けましょう。

    例:File backup

  •  

  • このジョブは…
    [ファイルのバックアップ]にチェックを入れましょう。
  •  

  • アーカイブ名
    デフォルトのままでOKです。
  •  

  • アーカイブ形式
    Windowsなら[Zip]、Macなら[Tar GZip]を選択しましょう。
  •  

  • バックアップファイルの保存方法
    [フォルダにバックアップ]にチェックを入れましょう。

 
 
ログファイルの設定は、全てデフォルトのままで大丈夫です。
 
 

スケジュール設定

スケジュール』タブをクリックし、スケジュール設定を開きましょう。

『スケジュール』タブをクリック
 
 

  • ジョブの開始方法
    [WordPressのcron]にチェックを入れます。
  •  

  • スケジューラタイプ
    [基本]にチェックを入れます。
  •  

  • スケジューラ
    [毎週]にチェックを入れ、バックアップを取る曜日を選択します。
    サーバー上のデータのバックアップはサーバーへの負担が大きいので、アクセスが比較的少ない週末の深夜に設定するのをオススメします。

 
 

ファイル設定

ファイル』タブでの設定は、基本的にデフォルトのままでOKです。
 
 

宛先:フォルダ設定

宛先:フォルダ設定
 
 

  • バックアップを格納するフォルダ
    バックアップを保存する場所を設定します。
    以下を参考にして、分かりやすく管理しやすい場所に設定しておきましょう。

    例:◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/file-backup/

  •  

  • ファイルを削除
    何回分のバックアップを保存するかを選択します。
    今回は、3ヶ月分のデータを保存するため、「12」と入力しました。(月4回×3ヶ月=12)

 
 
全ての項目を設定したら、『変更を保存』ボタンをクリックしましょう。

『変更を保存』ボタンをクリック
 
 
これで、サーバー上のデータの自動バックアップ設定は一通り完了です。

今すぐ実行』をクリックし、きちんとバックアップされるか試してみましょう。

『今すぐ実行』をクリック
 
 
以下のような画面が表示されればバックアップは成功です。

バックアップは成功
 
 

データベース上のデータの自動バックアップ設定

次に、データベース上のデータの自動バックアップ設定を行っていきます。

再度、管理画面左メニューから『BackWPup新規ジョブを追加』という順に進み、新規ジョブの設定画面を開きましょう。
 
 

一般設定

こちらも『一般』タブの設定から行っていきます。

『一般』タブの設定から行っていきます
 
 

  • このジョブの名前
    データベース上のデータのバックアップだということが分かりやすいファイル名を付けましょう。

    例:Database backup

  •  

  • このジョブは …
    [データベースのバックアップ]と[インストール済みプラグインリスト]にチェックを入れます。
  •  

  • アーカイブ名
    デフォルトのままでOKです。
  •  

  • アーカイブ形式
    Windowsなら[Zip]、Macなら[Tar GZip]を選択しましょう。
  •  

  • バックアップファイルの保存方法
    [フォルダにバックアップ]にチェックを入れましょう。

 
 
ログファイルの設定は[エラー]にチェックを入れ、あとはデフォルトのままにしておきましょう。
 
 

スケジュール設定

スケジュール』タブをクリックし、スケジュール設定を開きましょう。

『スケジュール』タブをクリック
 
 

  • ジョブの開始方法
    [WordPressのcron]にチェックを入れます。
  •  

  • スケジューラタイプ
    [基本]にチェックを入れます。
  •  

  • スケジューラ
    [毎日]にチェックを入れましょう。
    データベース上のデータはサーバー上のデータに比べ、容量が小さくサーバーへの負担も少ないので、データベースのバックアップは毎日取っておきましょう。

 
 
DBバックアップ』、『プラグイン』タブの設定は、基本的にデフォルトのままでOKです。
 
 

宛先:フォルダ設定

宛先:フォルダ設定
 
 

  • バックアップを格納するフォルダ
    バックアップを保存する場所を設定します。
    以下を参考にして、分かりやすく管理しやすい場所に設定しておきましょう。

    例:◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/database-backup/

  •  

  • ファイルを削除
    何回分のバックアップを保存するかを選択します。
    今回は、30日分のデータを保存するため、「30」と入力しました。

 
 
全ての項目を設定したら、『変更を保存』ボタンをクリックしましょう。

これで、データベース上のデータの自動バックアップ設定は完了です。

バックアップの確認は、上記で解説したサーバー上のデータのときと同じ方法で確認できます。
 
 

スポンサーリンク

WordPressを手動でバックアップする

サーバーの移管時などに役に立つのが手動バックアップです。
手動バックアップなら、サーバー上のデータとデータベース上のデータをまとめて即時にバックアップを取ることができます。

管理画面左メニューから『BackWPup新規ジョブを追加』という順に進み、新規ジョブの設定画面を開きましょう。
 
 

一般設定

一般』タブの設定から行います。

『一般』タブの設定から行います
 
 

  • このジョブの名前
    即時バックアップだということが分かるファイル名を付けましょう。

    例:Backupnow

  •  

  • このジョブは …
    [データベースのバックアップ]、[ファイルのバックアップ]、[インストール済みプラグインリスト]にチェックを入れます。
  •  

  • アーカイブ名
    デフォルトのままでOKです。
  •  

  • アーカイブ形式
    Windowsなら[Zip]、Macなら[Tar GZip]を選択しましょう。
  •  

  • バックアップファイルの保存方法
    [フォルダにバックアップ]にチェックを入れましょう。

 
 
ログファイルの設定は[エラー]にチェックを入れ、あとはデフォルトのままにしておきましょう。
 
 

スケジュール設定

スケジュール』タブをクリックし、スケジュール設定を開きましょう。

『スケジュール』タブをクリック
 
 

  • ジョブの開始方法
    [手動]にチェックを入れます。

 
 
DBバックアップ』、『ファイル』、『プラグイン』タブの設定は、デフォルトのままでOKです。
 
 

宛先:フォルダ設定

宛先:フォルダ設定
 
 

  • バックアップを格納するフォルダ
    バックアップを保存する場所を設定します。
    以下を参考にして、分かりやすく管理しやすい場所に設定しておきましょう。

    例:◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/backupnow/

こちらで設定するフォルダ名は、必ず過去に取ったバックアップと重複しない名前にしましょう。
誤って重複した名前にしてしまうと、これまで蓄積されていたバックアップファイルが全部消えてしまいまうので注意が必要です。

 
 

  • ファイルを削除
    一度きりのバックアップですので、「1」と入力します。

 
 
全ての項目を設定したら、『変更を保存』ボタンをクリックしましょう。

これで、手動でのバックアップ設定は完了です。

バックアップの確認は、自動バックアップ設定のときと同じ方法でできます。
 
 

バックアップしたデータをダウンロードする

バックアップしたデータをダウンロードすることもできます。

管理画面左メニューから『BackWPupバックアップ』という順にクリックして進みます。

『BackWPup→バックアップ』という順にクリック
 
 
実行されたバックアップの履歴が表示されます。
ダウンロード』をクリックすると、PC本体にバックアップしたファイルを保存することができます。

『ダウンロード』をクリックすると、PC本体にバックアップしたファイルを保存することができます
 
 
保存したファイルを開き、下図の赤枠で囲ったwp-から始まる3種類のフォルダが確認できれば、バックアップは成功しています。

wp-から始まる3種類のフォルダが確認できれば、バックアップは成功しています
 
 

まとめ

今回は、BackWPupを使った自動・手動2種類のWordPressのバックアップ方法を解説しました。

上手くバックアップを取ることはできましたでしょうか?

バックアップをしっかり取っておけば、もし万が一のことが起きてしまってもすぐに元の状態に復元することができます。

あなたの大切な「資産」であるブログを守るためにも、BackWPupをインストールしてきちんとバックアップ設定しておきましょう。
 
 

スポンサーリンク








プラグインBackWPupでWordPressのデータを自動バックアップする方法